水川あさみ、成宮寛貴の「大好き」発言に赤面!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
称賛し合った水川あさみと成宮寛貴

 俳優の成宮寛貴と女優の水川あさみが17日、都内でファンタジー大作『PAN ~ネバーランド、夢のはじまり~』の公開アフレコを行い、成宮が「僕、水川さんの声大好き」と水川をべた褒めした。

水川あさみと成宮寛貴、緊張の生アフレコ!フォトギャラリー

 普通の少年がピーター・パンになるまでの秘められたドラマを新たな視点で描いた本作。映画『プライドと偏見』『つぐない』『アンナ・カレーニナ』のジョー・ライト監督がメガホンを取った。成宮は若き日のフック船長(ギャレット・ヘドランド)、水川は美しき戦士タイガー・リリー(ルーニー・マーラ)の日本語版声優を務めている。

[PR]

 タイガー・リリーとフック船長の掛け合いのシーンを披露した水川と成宮は、大勢の前でのアフレコに緊張気味。お互いのアフレコの印象を聞かれ、「かわいかったです。僕、水川さんの声大好きです」と成宮が言うと、水川は「恥ずかしいです」「すごくうれしい」と赤面しつつ喜びをあらわにした。そして、「成宮さんは、声がすごく伸びやかですね」と返し、お互いを称賛し合った。作品について成宮は「素晴らしかった。子供の頃の思い出にリンクして泣いちゃいました。不思議な気持ちになりました」と明かすと、水川は「子供の頃からピーター・パンに恋しているほど大好き」と告白し、「色もカラフルできれい。圧倒されました」と感激していた。

 また、成宮は「本編のフックは、僕より声が低い。バランスの調整が難しかった」と演技を振り返り、吹き替え声優に初挑戦した水川は「アフレコは普段のお芝居とは全く違う世界。自分の声の幅を知る勉強になりました。リリーの母性の強い部分を意識しました」と語っていた。(福住佐知子)

映画『PAN ~ネバーランド、夢のはじまり~』は10月31日より新宿ピカデリー、丸の内ピカデリーほか全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]