ベネディクト・カンバーバッチがエジソンに?伝記映画でジェイク・ギレンホールと共に交渉中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ベネディクト・カンバーバッチとジェイク・ギレンホール - Tim P. Whitby / Getty Images For BFI、Frazer Harrison / Getty Images

 トーマス・エジソンの伝記映画『ザ・カレント・ウォー(原題) / The Current War』で、ベネディクト・カンバーバッチジェイク・ギレンホールが出演交渉に入ったと The Hollywood Reporter ほか複数メディアが報じた。

【動画】ジェイク・ギレンホール出演『エベレスト 3D』予告編

 本作は、映画『リンカーン/秘密の書』のティムール・ベクマンベトフ監督、フィルム・ライツのスティーヴン・ザイリアンギャレット・バッシュが、ワインスタイン・カンパニーの下で製作する予定の作品。当初ベクマンベトフ監督がメガホンを取る予定だったが、彼は今回プロデュースに徹するようで、今年のサンダンス映画祭で二冠に輝いた話題作『ミー・アンド・アール・アンド・ザ・ダイイング・ガール(原題) / Me and Earl and the Dying Girl』のアルファンソ・ゴメス=レホンが監督交渉に入ったようだ。脚本は、映画『ギヴァー 記憶を注ぐ者』のマイケル・ミトニックが執筆している。

 そのストーリーは、1880年代を舞台に、電力供給システムをめぐる、発明家トーマス・エジソンとジョージ・ウェスティングハウスの確執を描いたものになるようだ。ギレンホールがジョージ・ウェスティングハウス役で、カンバーバッチがトーマス・エジソン役の出演交渉に入っている。 彼ら二人ともが参加すれば、かなり期待できる作品になりそうだ。 (細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

[PR]

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]