『ロビン・フッド』新作の主演女優候補にU2ボノの娘!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
有力候補の一人、U2のボノの娘イヴ・ヒューソン - Taylor Hill / FilmMagic / Getty images

 映画製作会社ライオンズゲートが手掛けるロビン・フッドを描いた新作映画『ロビン・フッド:オリジンズ(原題) / Robin Hood: Origins』で、4人の注目女優が主演女優候補に挙がっていることをDeadlineが明らかにした。

【動画】ボノの娘、イヴ・ヒューソン出演『おとなの恋には嘘がある』

 本作は、テレビ映画「永遠のプリマ マーゴ・フォンテーン」を手掛けたオットー・バサーストが、ライオンズゲートの下で製作する予定の作品。映画『キングスマン』で一躍注目を浴びた若手俳優タロン・エガートンがロビン・フッド役に挑戦する。

[PR]

 そして、タロンと共演することになる4人の主演女優候補にU2のボーカル、ボノの娘で映画『おとなの恋には嘘がある』のアイルランドの女優イヴ・ヒューソン、『ポール・ヴァーホーヴェン/トリック』のオランダの女優ハイテ・ヤンセン、『ヴァンパイア・アカデミー』のオーストラリアの女優ルーシー・フライ、『ベル ~ある伯爵令嬢の恋~』のイギリスの女優ググ・ンバータ=ローが、今のところ正式なオファーはされていないものの有力候補として挙げられているようだ。

 脚本は、ガイ・リッチーが手掛ける『ナイツ・オブ・ザ・ラウンドテーブル:キング・アーサー(原題) / Knights of the Roundtable: King Arthur』の脚本家ジョビー・ハロルドが執筆している。(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]