シネマトゥデイ
シネマトゥデイ

映画デートを成功させる!今月のオススメデートムービー 10月編【コラム】

映画デートを成功させる!今月のオススメデートムービー 10月編
迷ったらこの作品! - (C)2015 映画「バクマン。」製作委員会 , (C) Universal Pictures

 芸術の秋が到来。ちょっと気になるアノ人を映画デートに誘いたいけれど……どの映画がいいのかわからない! でも焦ってチョイスに失敗して気まずい雰囲気になってしまうのは避けたい……。ということで、誘いやすさなどを基準に、映画デートの成功率を上げる映画をセレクション! 鑑賞前に注意しておきたい部分もまとめてみました。(編集部・井本早紀)

バクマン。
(C)2015 映画「バクマン。」製作委員会

オススメ度:高 『バクマン。』公開中

<作品情報>「DEATH NOTE」の原作コンビ、大場つぐみと小畑健による大ヒット漫画を、『モテキ』などの大根仁監督が実写映画化した青春ドラマ。性格の違う高校生2人がタッグを組み漫画家への道を歩んでいくさまを、大根仁監督ならではの巧みな映像表現を駆使して描く。

 相手が原作漫画や週刊少年ジャンプ好きだったら非常に誘いやすい作品。出演している俳優陣も佐藤健、神木隆之介、染谷将太、山田孝之……と有名どころがいっぱいなので、「この俳優さん好き?」というアプローチもできます。主人公は漫画家ですが、漫画家に興味がなければ飽きたりしないかなという心配はご無用。プロジェクションマッピングなど最新の表現を取り入れた映像にわくわくすること間違いなし。また『モテキ』の大根監督作品だからちょっとエッチなシーンがあるんじゃないか……とドキドキしている諸君。原作は少年漫画である! 好きな女子に声を掛けるだけでも緊張してしまうようなかわいらしい恋愛もありますが、基本的に内容は「友情」「努力」「勝利」なので気まずい空気で席を立つ、なんてことはないでしょう。また小ネタもたくさんちりばめられているので、「あの漫画知っている?」といった鑑賞後の話題が豊富なことも高ポイント。

※注意ポイント※
 原作漫画は知らなくても十分に楽しめます。しかし、自分と誘う相手がどれくらい漫画に対する知識の差があるかは把握しておいた方がよいでしょう。鑑賞後に「○○のシーンに△△の漫画のアレ、よかったよね!」と興奮気味に話しても相手がわからない可能性があります。ジャンプ&漫画好きは高揚してしまうハズなので、誘った相手とのテンションのズレには気を付けて。

ヴィジット
(C) Universal Pictures

オススメ度:中 『ヴィジット』10月23日公開 ※スリラー&ホラー耐性必須

<作品情報>『シックス・センス』などで知られるM・ナイト・シャマラン監督が手掛けたスリラー。三つの奇妙な約束事がある祖父母の家にやって来た姉弟が体験する恐怖を描く。

 「怖い作品を観たいんだけど、一人じゃ心細いの……」そう言って誘っても全く問題ありません。思わず「ヒェッ」と声が出るような、恐怖シーンがたくさん盛り込まれているため、スリラー作品の醍醐味(?)「自然に腕や手に触れる」を難なく達成できるでしょう。対峙(たいじ)する相手が霊的なものではないため、さらに恐ろしく感じる人もいるのでは。しかし全編恐怖ということではなく、祖父母たちの謎などのサスペンス要素や、ヒロインの弟の面白行動による癒やしポイントなどもあるので、ホラーやスリラーに強い方でも楽しめます。誘う際に、本作のメガホンを取っているシャマラン監督の名を出せば、「知っている!」と乗ってくれる可能性も大。一方で「シャマラン監督の最近の作品はねー……」という反応を示した方には、「これは大風呂敷を広げてないから一見の価値あるよ!」と言ってみてください。しかし、『シックス・センス』のように「怖いけれども心温まる作品」を期待させないように。今回のシャマラン監督は、ガチで怖がらせにきています。

※注意ポイント※
 お化け屋敷などで立ち止まって泣き出しちゃうような人を無理に誘わないようにしましょう。映像はPOV形式なので、手持ちカメラ映像のブレで酔ってしまう人にも無理させないように。

PAN
(C) 2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

オススメ:デートよりもファミリー向け 『PAN ~ネバーランド、夢のはじまり~』10月31日公開

<作品情報>著名な冒険物語「ピーターパン」を、『つぐない』などのジョー・ライト監督が独自の視点で実写映画化。黒ひげと対峙(たいじ)するピーターのストーリーなど、新たなピーターパン像が描かれる。

 「ピーターパン」という誰もが知っているヒーローを描いているので、誘った際に興味を持ってもらえる可能性がとっても高い作品です。また本作で描かれているのは、少年ピーターが「ピーターパン」になるまでの新解釈のお話なので、「『ピーターパン』の物語はもう知り尽くしているよ」という方でも、新鮮な気持ちで鑑賞できることでしょう。スクリーンには空飛ぶ海賊船や奇妙なネバーランドの生物などが映し出され、まるでアトラクションに乗っているような気持ちに。劇中いい感じになる二人がいますが、終始清い関係なので「観ちゃダメ!」となることもなし。また戦いのシーンでは、血が飛ぶなどの描写はなく、銃撃戦をカラフルな煙で表現しているため、バイオレンスを心配している保護者の方も安心して子供と鑑賞できるでしょう。大人同士で鑑賞した際には、黒ひげ役のヒュー・ジャックマンがいい味出しているので、彼の心境などの妄想話でも盛り上がれるかも。

※注意ポイント※
 アレもコレもとたくさんのお話が詰め込まれている分、展開が早くあっさりしている部分があるので、一つの人間ドラマをじっくり観たいという方には不向きかも。娘・息子・めい・おいとのデートで行きたい。

俺
『俺物語!!』 - (C) アルコ・河原和音/集英社 (C) 2015映画「俺物語!!」製作委員会

そのほか話題作

 10月24日には映画『ギャラクシー街道』が公開。三谷幸喜監督のコメディー作品好きにはもちろん、香取慎吾、綾瀬はるかなど豪華キャスト陣を観に行こうと誘えます。鈴木亮平の体当たり演技が目を引く『俺物語!!』(10月31日公開)は、淡い恋などが好きな女子を誘いやすい!? 原作自体がほのぼの~とした作品なので、そこを理解した上で鑑賞した方がよいでしょう。


» 動画の詳細

【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画ニュース
  2. 2015年
  3. 10月
  4. 4日
  5. 映画デートを成功させる!今月のオススメデートムービー 10月編