『JAWS 19』予告編が公開!?『バック・トゥ・ザ・フューチャー』に時代が追いついた

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
スタッフの本気(の悪ノリ)が詰まった映像 - 画像はユニバーサル・ピクチャーズ・ホーム・エンターテインメントのTwitterのスクリーンショット

 スティーヴン・スピルバーグ監督による大ヒットサメ映画『JAWS/ジョーズ』第19弾のニセ予告編をユニバーサル・ピクチャーズ・ホーム・エンターテインメントが公開した。この映像は、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』(1985)の公開30周年を記念して、2015年を舞台にしたシリーズ2作目『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2』(1989)に登場した『JAWS 19』をイメージして製作されたもの。もちろん公開の予定はない。

【写真】そのほか想像の2015年にはどんなアイテムがあった?『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2』

 映像は『JAWS/ジョーズ2』(原題『JAWS 2』)、『ジョーズ3』(原題『JAWS 3-D』)、『ジョーズ'87/復讐篇』(原題『JAWS: THE REVENGE』)と実際に公開されてきたシリーズ作については奇をてらうことなく進行していくものの、実在しない第5弾からはスタッフのイタズラ心が爆発。お色気、ロボット、宇宙モノなどトンデモ作品が続いていく。

[PR]

 さらに17弾に関しては、これまでJAWSと数字で構成されていたタイトルに対し、『JAWS 17 FIFTY SCALES OF GREY』と『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』のパロディーであることを強調したタイトルになっており、映像は間もなく公開とばかりに「COMING SOON」という文字で締めくくられている。

 製作もされていない作品だが、ファンは「超ウケる!」「(スピルバーグの実の息子の)マックス・スピルバーグが監督したんだよね(劇中ではマックスが監督を務めたという設定)」と大盛り上がり。また「8作目こそ最高の作品だった」「実際『JAWS 9』はよかった。『エクスペンダブルズ』みたいな作品だった」「(シルヴェスター・)スタローンとアーノルド(・シュワルツェネッガー)が特別カメオ出演していたよね!」と悪ノリするコメントも相次いでいる。(編集部・井本早紀)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]