ウィル・スミスの新作で俳優と監督が次々と降板!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
主演のウィル・スミス - Lester Cohen / WireImage / Getty Images

 ウィル・スミスが主演する話題作『コラテラル・ビューティー(原題) / Collateral Beauty』で、俳優と監督が次々と降板しているようだ。Deadlineほか複数のメディアが報じている。

【動画】ウィル・スミス主演『フォーカス』

 本作は、ニュー・ライン・シネマのもと、今年のサンダンス映画祭で審査員賞と観客賞のダブル受賞を果たした映画『ミー・アンド・アール・アンド・ザ・ダイイング・ガール(原題) / Me and Earl and the Dying Girl』のアルフォンソ・ゴメス=レホンがメガホンを取る予定だったが、製作上の見解の相違から降板し、新たに監督候補を探すことになった。

[PR]

 一方キャストでは、当初、ジョー・ライト監督の新作『PAN ~ネバーランド、夢のはじまり~』で共演したヒュー・ジャックマン、ルーニー・マーラが出演する予定だったが、ヒュー・ジャックマンが降板し、ウィル・スミスを主演に据えたものの、ルーニー・マーラも降板した。

 同作の脚本は映画『ラスベガスをぶっつぶせ』のアラン・ローブが執筆し、そのストーリーはニューヨークの広告代理店で働く男が、惨事を経験したことでうつ状態に陥り、人生が一変していくというもので、主役をウィル・スミスが演じることになっている。

 現在、監督が降板したことで、当初予定していた10月の撮影はしばらく延期することになりそうだ。 (細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]