西島秀俊「MOZU」国際エミー賞にノミネート!日本初の快挙に期待かかる

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
写真は2014年6月20日に行われた「MOZU Season2 ~幻の翼~」完成披露試写会より

 第43回国際エミー賞のノミネーションが発表され、西島秀俊が主演を務めたTBS・WOWOW共同制作の刑事ドラマ「MOZU Season1 ~百舌の叫ぶ夜~」が連続ドラマ部門にノミネートされた。

【動画】西島秀俊、ビートたけしと激突!『劇場版 MOZU』予告編

 テレビ界のアカデミー賞と呼ばれるエミー賞がアメリカ国内の番組を対象にする一方、国際エミー賞は、アメリカ国外の優れた番組に贈られる。昨年はNHK大河ドラマ「八重の桜」がノミネートされたが惜しくも受賞を逃した。

[PR]

 「MOZU」は、NHK以外の民放が制作・放送した連続ドラマとしては、初めて同部門にノミネート。NHKと民放を含め、日本初の「国際エミー賞・連続ドラマ部門」受賞の快挙に期待が掛かる。日本からはそのほか、テレビ映画/ミニシリーズ部門でWOWOWのドラマWスペシャル「人質の朗読会」もノミネートを果たした。

 今年は19か国から40作品がノミネートされ、イギリスが最多7部門でのノミネーションを獲得。受賞作は現地時間11月23日、ニューヨークのヒルトンホテルで発表される。

 「MOZU」は、2014年4月から放送された、逢坂剛の小説「百舌」シリーズが原作のサスペンスドラマ。謎の爆破事件で妻を失った公安警察のエース倉木(西島秀俊)が、捜査一課の刑事・大杉(香川照之)、公安の明星(真木よう子)と共に事件の裏に隠された真実を追い求める。同年6月には「MOZU Season2 ~幻の翼~」が放送され、今年11月7日からは『劇場版 MOZU』が全国公開される。(澤田理沙/編集部・入倉功一)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]