尾野真千子が猟奇殺人犯に!「殺人鬼フジコの衝動」ドラマ化

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
新境地に挑んだ尾野真千子

 女優の尾野真千子が、Huluオリジナル連続ドラマ「フジコ」で猟奇殺人鬼の主人公を演じることが明らかになった。原作は、過激すぎて映像化不可能といわれた真梨幸子のベストセラー小説「殺人鬼フジコの衝動」。11月13日よりHuluとJ:COMで全6話一挙配信される。

 本作の主人公フジコは一家惨殺事件のただ一人の生き残りであり、わずか11歳で大きなトラウマを抱えている。「あたしは人生をリセットできる女」とつぶやきながら殺害を繰り返していくフジコ。彼女はなぜ人を殺すのか? 愛への渇望か、幸せへの執着か。真実が明かされる衝撃のラストは、戦慄(せんりつ)を禁じ得ない。原作小説は、「嫌な読後感だが、先を読まずにはいられない面白さ」といった口コミで話題を呼び累計55万部突破を記録している。

 尾野は当初、「正直、こんな衝撃的な役どころから自分を守りたい」との思いから、オファーを断ることを考えたという。だが、人間の深部に問いかけてくれる部分がある作品だと受け入れて挑戦したとのこと。「完成したものを観てみると、人の痛みもわかりますし、響くものがいっぱいあり、実は泣けました。やってよかったなとやっと思えた作品ですので、ぜひ、楽しみにしていてください」と自信をのぞかせている。

 演出を手掛けたのは、ドラマ「1リットルの涙」や「絶対零度 ~未解決事件特命捜査~」の村上正典。脚本は、サスペンス映画『凶悪』で第37回日本アカデミー賞優秀脚本賞を受賞した高橋泉が務めた。他出演者には、谷村美月丸山智己リリー・フランキー浅田美代子真野響子といった実力派キャストが勢ぞろい。主題歌は斉藤和義の「シンデレラ」に決定している。(編集部・高橋典子)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]