アン・ハサウェイ、朝食を4回拒否!日本向けCM撮影時に

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
朝はご機嫌ななめ!?アン・ハサウェイ - Mathew Imaging / WireImage / Getty Images

 扱いにくいことで知られるアン・ハサウェイが、オーダーした朝食の出来が気に入らず、4回も作り直しを要求したとTMZ.comが報じた。

扱いにくくなかった(!?)若い頃のアン・ハサウェイ…フォトギャラリー

 アンは日本向けのコマーシャルの撮影時に、イングリッシュマフィンとポーチドエッグ、アボカドをスタッフに用意させたとのこと。最初に受け取った皿は卵がゆるすぎると作り直させ、2度目はイングリッシュマフィンが冷えていると送り返したそう。3度目はパンを温めている間に卵が冷えたと文句を言ったらしい。ようやく完璧な状態で朝食を受け取ったときには気分が変わり、目玉焼きに変えてくれと言ったのだという。

[PR]

 そんなアンは、2001年の映画『プリティ・プリンセス』(日本公開は2002年)のせいで映画監督からプリンセス以外も演じられる女優であることを認めてもらうのが大変だったことを HuffPost Live に明かしている。

 「20代はとにかくいろいろな種類の映画に出て、あらゆるタイプの監督と仕事をすることをモットーにしていたの。そうしたかったというのもあるけど、『プリティ・プリンセス』のあとは真剣な役をもらうのが難しかったから。初めての仕事としてあの映画は最高のものだったし、大ヒットしたけど、例えばロバート・ロドリゲス監督に『わたしはあなたの映画に適しています』って説得するのは大変で、プリンセスじゃない真剣な役を得るのは難しかったわ。だから、可能な限り自分の役の幅を広げようとがんばったの」と語っている。(BANG Media International)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]