「ナルコス」レギュラーに「ブリッジ」のエリック・ラング

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
エリック・ラング - J. Countess / Getty Images

 テレビドラマ「ブリッジ ~国境に潜む闇」でケネス・ヘイスティングス/デヴィッド・テイトを演じていたエリック・ラングが、Netflixドラマ「ナルコス」の第2シーズンでレギュラーになるとDeadlineなどが報じた。

 同ドラマは実在したコロンビアの麻薬王パブロ・エスコバルとメデジン・カルテル、そしてエスコバルを捕らえ、最終的には殺そうと試みる麻薬取締局(DEA)のエージェントたちを描いた作品。エリックはDEAと協力するよう言われたコロンビア、メデジン支局のCIA職員ステッチナーを演じるという。

 エリックは数々のテレビドラマへのゲスト出演のほか、映画『ナイトクローラー』に出演しており、最近ではブライス・ダナーダニエル・サンジャタと共に舞台「ザ・カントリーハウス」に出演していた。(澤田理沙)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]