『ダイ・ハード』ナカトミビルをまさかの立体化!ファンも困惑の豪華ブルーレイボックス発売!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
それフィギュアって言わないから! 20世紀フォックスがまさかの「ナカトミプラザ」付きブルーレイ発売! - (C)2015 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

 ブルース・ウィリス主演の大ヒットアクション『ダイ・ハード』シリーズから、記念すべき1作目の舞台となった高層ビル「ナカトミプラザ」を精巧に立体化した、ファン驚愕もののアイテムが付属するブルーレイボックスが限定販売されることが明らかになった。

自社ビルが特典になっちゃった!フォトギャラリー

 「ナカトミプラザ」は、1989年に公開された1作目で、ブルース演じる不死身の刑事ジョン・マクレーンが、ハンス・グルーバー(アラン・リックマン)率いるテロリストたちと激闘を繰り広げた高層ビル。ロケ地探しが難航したため、本作を配給した米20世紀フォックスの自社ビルが使用されたことは広く知られており、現在も米ロサンゼルスのウエストサイド地区に建つ、通称「フォックス・プラザ」として親しまれている。

[PR]

 1作目公開時のパンフレットによると、撮影当時はビル周辺の道路を完全封鎖したうえで、屋外の階段を使用して装甲車の爆破シーンを撮影するなど、自社ビルを傷つけることもいとわないムチャな撮影を敢行。まさに伝説のビルとして、映画ファンの間では個性的な登場人物たちに並ぶ(?)知名度を誇っている。

 そして同社では、そんな人気物件をブルーレイボックス発売に合わせてまさかの立体化。実際のビルの建築図面を基にした1 / 400スケールの精巧な模型となっており、台座には「ナカトミ・コーポレーション」の企業ロゴが。サイズは高さ約38センチ、幅約19センチ、奥行き約19センチで、素材はABS樹脂を使用。ファンならば誰もが知っている建物とはいえ、「自社ビル」を立体化するとは、まさに前代未聞の試み。ファンも思わず困惑するであろう驚愕の一品だ。

ジャケットにもしっかり描かれてます! (C)2015 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

 収録される本編ディスクは全シリーズをフォローしており、1~3作目は、テレビ放映版とDVD版の日本語吹替えを収録したフォックスの人気レーベル「吹替の帝王」仕様。さらに5作目は、マクレーン役にDVD版の吹き替えでおなじみの樋浦勉を迎えた新録バージョンを追加している。そのほか、ハンスをはじめとする5作目までの悪役カード(5枚組)やブックレット、計11冊に及ぶ吹き替え台本、計4冊のインタビュー集を封入。禁じ手ともいえる模型に負けない豪華特典が付属する。(編集部・入倉功一)

「〔ナカトミプラザ・フィギュア付〕ダイ・ハード MEGA-BOX<6枚組>〔500セット数量限定生産〕」は12月18日発売 価格:2万5,000円+税

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]