「ロミオとジュリエット」のその後がテレビドラマ化

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
写真は1968年の映画『ロミオとジュリエット』より - Hulton Archive / Getty Images

 テレビドラマ「グレイズ・アナトミー」「スキャンダル 託された秘密」のクリエイター、ションダ・ライムズの製作会社ションダランドが、ウィリアム・シェイクスピアの名作「ロミオとジュリエット」のその後を米ABC局でテレビドラマ化するという。

【写真】『英国ロイヤル・バレエ/ロミオとジュリエット』

 The Hollywood Reporter などによると、「スティル・スター・クロスト(原題) / Still Star-Crossed」と題されたドラマは、2013年に出版されたメリンダ・トーブの同名小説をもとにしており、ロミオとジュリエット亡き後のモンタギュー家とキャピュレット家を描いたものになるとのこと。

 「スキャンダル 託された秘密」の脚本家ヘザー・ミッチェルが脚本を執筆するほか、エグゼクティブ・プロデューサーも務めるという。ションダとベッツィ・ビアーズもエグゼクティブ・プロデューサーに名を連ねるが、脚本には関わらないらしい。(澤田理沙)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]