月9ドラマ「5→9」石原さとみ演じる主人公に想いを寄せる“女装”男子の正体!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
実は女装男子だった!

 石原さとみ山下智久が初共演を果たしたことで話題の月9ドラマ「5→9 ~私に恋したお坊さん~」(フジテレビ系で放送中)に登場する女子高生・里中由希の正体が昨夜放送の第4話で“女装”男子であったことが明らかになった。そして、その完璧な女装をこなす同役を務めていたのはなんと、現役男子中学生の高田彪我だった。

 第1話放送開始からその見慣れぬ顔に、「里中由希を演じているのは一体誰なのか」という疑問を抱いていた視聴者も多いはず。番組ホームページなどオフィシャルでも、その名が一切公表されていなかったことで、さらなる謎が深まっていた。

 そして昨日、ドラマのオンエアでついにその種明かしが。なんと、女子高生かと思われていた里中が、実は石原演じる主人公・桜庭潤子に想いを寄せる“女装”男子だったのだ。その役を務めていたのは、数百人に及ぶオーディションの中、完璧な女装を披露し、その座を射止めたという、現役中学生の高田。

「さくらしめじ」のメンバー、上が高田で下が田中

 今まで謎に包まれていた高田だが、今回が初めてのドラマ出演だといい、普段は田中雅功と組んだ「さくらしめじ」というフォークデュオでアコースティックギターを弾き語りしている。現役中学生から成る同デュオは2014年6月に結成してから、のびのある歌唱力と確かな演奏力で人気を得ており、今年12月29日には光が丘IMA HALLにて初のワンマンライブの開催、来年1月13日には3枚目となる両A面シングルのリリースも決定している。人気ドラマで謎の美少女として話題を呼んだあとに、今回実は男の子だったという衝撃的ニュースでお茶の間を沸かせ、今後さらなる活躍にも期待がかかる。(編集部・石神恵美子)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]