エディ・レッドメインが女性になる新作公開日&邦題決定!『リリーのすべて』

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
美しいエディ……『リリーのすべて』ポスタービジュアル - (C)2015 Universal Studios. All Rights Reserved.

 オスカー俳優のエディ・レッドメインが世界で初めて性別適合手術を受けた画家を演じる映画『The Danish Girl』の邦題が『リリーのすべて』に決定し、2016年3月18日より全国公開されることが明らかになった。

【写真】エディ、本作を引っ提げベネチア映画祭に登場!

 本作は、『英国王のスピーチ』でアカデミー賞4部門を受賞した巨匠トム・フーパーと、『博士と彼女のセオリー』でオスカー俳優となったエディが、『レ・ミゼラブル』以来にタッグを組んだ話題作。今から80年以上も前に、世界で初めて性別適合手術を受けたデンマーク人、リリー・エルベの実話に基づき、命の危険を冒してでも自分らしく生きることを望んだ主人公と、一番の理解者であり続けたその妻が織り成す魂の触れ合いを情感豊かに描き上げる。

[PR]

 『博士と彼女のセオリー』での車椅子の物理学者スティーヴン・ホーキング博士役に続いて、難役に挑んだエディのリリー姿は、すでに様々なメディアによって大きく報じられている一方で、その妻ゲルダを演じた女優アリシア・ヴィキャンデルの存在感も負けていない。アリシアは、日本でも公開中のスパイアクション『コードネーム U.N.C.L.E.』に出演しているほか、マット・デイモンが復帰する人気アクション『ボーン』シリーズの新作でヒロインにも抜てきされている注目株だ。

 共演には、ダニエル・クレイグ版『007』シリーズのQ役で知られるベン・ウィショージョニー・デップの妻アンバー・ハードといった面々が名を連ねている。性別さえも無関係に、魂と魂で共鳴し合う姿が胸を打つ至高のラブストーリーは、オスカー有力候補との呼び声が高く、エディにとっては2年連続のオスカー受賞となるかにも期待が寄せられている。(編集部・石神恵美子)

映画『リリーのすべて』は2016年3月18日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]