高月彩良、制服姿で登場!座長と呼ばれ照れ笑い

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
初主演映画の初日を迎え感無量の思いを語った高月彩良

 女優の高月彩良が5日、新宿武蔵野館で行われた映画『人狼ゲーム クレイジーフォックス』の初日舞台あいさつに出席、念願の初主演映画公開に、「自分で言うのもあれですが、この作品はとても面白いです。12人が一生懸命生きている姿は、痺れるほど心にくるものがあります」と万感の思いを語った。

【写真】高月彩良らキャスト陣が制服で登壇!

 初主演が決まった時の喜びを「とても、とても、嬉しかったです」と噛みしめるようにゆっくり話した高月は、「現場に入ると12人それぞれ個性の強いキャラクターでしたが、わたしもその一人として一生懸命そこにいられた気がします」と感無量の表情。

[PR]

 さらに、MCから冗談っぽく「座長」と呼ばれると「わたしはむしろ皆さんに引っ張っていただきました」と笑顔で謙遜。撮影現場はみんなで「人狼ゲーム」をやるなど和気あいあいとしていたそうで、「毎日毎日人が減っていく作品だったので、一人いなくなるごとに本当にゲームをしている感覚になって辛かったです」と振り返った。

 また、疑心暗鬼や心理戦もテーマとなっている作品だけに、高月は「平気な顔で嘘をついたり、人を騙せる怖い子を演じたので、そういう所は難しかったです」と役作りの苦労も吐露。「でも、監督から『怒りを常に持っている女の子』というご指示をいただいて、それを意識して演じました」と話した。

 この日のイベントには、冨手麻妙柾木玲弥冨田佳輔長村航希村上穂乃佳奥村秀人水石亜飛夢山根綺藤井武美綾部真弥監督も登壇。フォトセッションは11人が2列に並んで行われ、女優陣は中腰に。撮影中、足を辛そうにする女優陣がカメラマンから「頑張って」と励まされる場面もあり、撮影を終えると高月は「100キロくらい走った感じです」と冗談っぽく感想を述べて笑いを誘っていた。

 同作はアプリや小説、コミックと様々な形態でブームになっている「人狼ゲーム」を題材にしたシリーズ第3弾。生死をかけたゲームに参加することになったプレイヤーたちのサバイバルを描く。(取材・文:中村好伸)

映画『人狼ゲーム クレイジーフォックス』は公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]