小説「レッド・マーズ」がテレビシリーズ化決定

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
脚本を担当するJ・マイケル・ストラジンスキー - Mark Sullivan / WireImage / Getty Images

 キム・スタンリー・ロビンスンのベストセラー小説「レッド・マーズ」シリーズが、米スパイクTV局でテレビドラマ化されることが決定した。The Hollywood Reporterなどが報じた。

 「レッド・マーズ」シリーズは200年にわたる火星の植民地化を描いた小説で、「グリーン・マーズ」「ブルー・マーズ」と続く3部作。同シリーズは、SF・ファンタジー小説を対象にした文学賞ネビュラ賞やヒューゴ賞、ローカス賞などを受賞している。

 脚本は「センス8」の企画と製作総指揮の1人J・マイケル・ストラジンスキーが担当。原作者のキムはコンサルタントとして参加するという。今のところ10エピソードが製作される予定で、撮影は来夏にスタート。放送は2017年1月からになる。

[PR]

 スパイクTV局がテレビシリーズを手掛けるのは10年ぶり。当初はジェリー・ブラッカイマーがプロデュースする臓器売買のドラマ「ハーヴェスト(原題) / Harvest」が同局で製作される予定だったが、11月に白紙に戻されたことが報じられている。

 白紙になった理由は、スパイクTV局が主役のキャスティングで有名俳優陣に非現実的なオファーをしたことで問題が生じたらしい。オファーされたスターたちは誰もが断ってきたという。(澤田理沙)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]