チャーリー・シーンのHIV感染は自業自得…バート・レイノルズがコメント

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
「自業自得だ」 - バート・レイノルズ

 映画『ブギーナイツ』『ロンゲスト・ヤード』などで知られる俳優のバート・レイノルズが、イギリスのトークショー「ルース・ウィメン(原題) / Loose Women」のインタビューでチャーリー・シーンについて辛辣(しんらつ)なコメントをした。

【写真】バート・レイノルズ出演『ブギーナイツ』ギャラリー

 チャーリーがHIV陽性を告白したことについてどう思うかと聞かれたバートは、「チャーリーの父親(マーティン・シーン)はとてもいい人で、僕の大事な友人でもある。彼に関しては胸が痛むが、チャーリーのことは気の毒に思わないね。自業自得だ。軽率な行動を取ったら、それなりのことが起きるんだよ」と答えた。

[PR]

 同情しないのかと司会者に聞かれると、「チャーリーに? しないね。彼の不品行にふさわしいことが起きたのさ。まあ、あの年齢は難しいんだ。いろいろな誘惑があって、大変なのはわかる」とコメントしている。

 バートは80年代に短期間に激やせしたことで、エイズで死にそうになっているとうわさになった過去がある。実際には処方せん薬の依存症でやせたというが、うわさを一掃するには働き続けるしかないと感じ、無我夢中で俳優業を続けたことを以前、Entertainment News に語っていた。(澤田理沙)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]