「沈まぬ太陽 」上川隆也主演でドラマ化!渡部篤郎がライバル役

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
山崎豊子作品に、約20年ぶりに出演する上川隆也

 渡辺謙主演で映画化もされた故・山崎豊子さんによるベストセラー小説「沈まぬ太陽」が、WOWOWで連続ドラマ化されることが明らかになった。上川隆也が主演を務め、渡部篤郎がライバル役にふんする。

 本作は、日本が経済大国へと急成長した激動の時代を背景に、巨大企業に翻弄(ほんろう)されながらも自らの信念を貫く男の姿が描かれる。国民航空の労働組合委員長・恩地元(上川)とその同志で副委員長の行天四郎(渡部)は、死亡事故が起きるほど劣悪な労働環境を改善しようとしたところ、経営陣と激しく対立。空の安全を第一に考え愚直に行動する恩地は経営幹部に疎まれ、海外のへき地へ左遷されてしまう。一方、現実主義の行天は恩地と決別し、幹部に取り入りながらも自らの理想の会社像を追い求めていく。

 アフリカ・中東での海外ロケも敢行される本作は、脚本を「軍師官兵衛」の前川洋一が、監督を「連続ドラマW 下町ロケット」の水谷俊之鈴木浩介が務め、5部からなる原作を全20話で描き切る。

[PR]

 テレビドラマ「大地の子」(1995)で新人ながらも主人公を演じ脚光を浴びた上川は、「私の人生を大きく変えることになった『大地の子』の作品の放映から20年が経ちました。自らも50代に入り、一つの大きな節目を迎えたこの時に、山崎先生の作品に携わる機会を得られた事に、何とも申し上げようもない御縁を感じます。感謝と共に驚きを禁じ得ません」とメッセージを寄せている。(編集部・高橋典子)

WOWOW開局25周年記念「連続ドラマW 沈まぬ太陽」は2016年春より放送スタート

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]