世界的ゲーム「ウォークラフト」映画化、2016年日本公開!圧倒的な世界観&VFX効果

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
『ウォークラフト』ポスタービジュアル - (C) Universal Pictures.

 ギネス記録を持つ世界的人気ゲームを映画化したファンタジー超大作『ウォークラフト』が2016年に日本公開されることが決定した。それに伴い、壮大な世界観とそれを支える卓越したVFX効果が堪能できる予告編が公開された。

 原作は、米ブリザード・エンターテインメントが提供するPCゲーム「ウォークラフト」シリーズ3部作。その3部作の世界的大ヒットを受け、新たに製作されたMMORPG(多人数同時参加型オンラインRPG)である「ワールド・オブ・ウォークラフト」は、2008年に最多登録者数のMMORPGとしてギネス世界記録を樹立しており、圧倒的な人気を誇っている。

 映画版ではゲームシリーズの世界観をそのままに、人間、ドワーフ、エルフ、オークといったさまざまな種族が登場し、剣や魔法が存在するファンタジーの世界を舞台に、高貴で勇敢なオークと、不屈の精神を持つヒューマンとの果てしなき闘争を描く。

[PR]

 なんといっても本作で注目すべきは、『アベンジャーズ』シリーズなどを手掛けた、アメリカの特殊効果及びVFX専門スタジオILMや、『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』でアカデミー賞視覚効果賞を獲得したビル・ウェステンホファーも参加した、最高のスタッフによるスペクタクルな映像だ。予告編では、自然豊かな環境にそびえ立つ美しい王国が、恐るべき種族オークの侵略により一変し、無数の戦士たちが全面戦争を繰り広げる。そのスケールの大きさには、ただただ圧倒させられるばかり。

 メガホンを取ったのは、デヴィッド・ボウイの息子であり、『月に囚われた男』『ミッション:8ミニッツ』といったSFスリラーを得意とするダンカン・ジョーンズ。「これは『アバター』であると同時に『ロード・オブ・ザ・リング』のような物語でもある。とても、とても壮大な映画です」と自信をのぞかせた。(編集部・石神恵美子)

映画『ウォークラフト』は2016年全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]