クエンティン・タランティーノ『ヘイトフル・エイト』が4冠!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
クエンティン・タランティーノ監督 - Marc Piasecki / Getty Images

 クエンティン・タランティーノ監督の新作映画『ヘイトフル・エイト』が、イタリアで開催された第20回カプリ・ハリウッド国際映画祭で作品賞を含む4部門で賞を獲得した。

【動画】『ヘイトフル・エイト』予告編

 同映画は作品賞のほか、サミュエル・L・ジャクソンが主演男優賞、ジェニファー・ジェイソン・リーが助演女優賞、エンニオ・モリコーネが音楽賞を受賞している。

[PR]

 次いで3部門で受賞を果たしたのはアフリカの少年兵を描いたNetflixの映画『ビースト・オブ・ノー・ネーション』で、日系アメリカ人のキャリー・フクナガが監督賞を受賞。イドリス・エルバが助演男優賞を受賞し、撮影賞も獲得している。

 第20回カプリ・ハリウッド国際映画祭の主な受賞結果は以下の通り。(澤田理沙)

■作品賞
『ヘイトフル・エイト』

■主演男優賞
サミュエル・L・ジャクソン 『ヘイトフル・エイト』

■主演女優賞
ブリー・ラーソン 『ルーム(原題) / Room』

■監督賞
キャリー・フクナガ 『ビースト・オブ・ノー・ネーション』

■脚本賞
デヴィッド・O・ラッセル 『ジョイ(原題) / Joy』

■脚色賞
トッド・ヘインズ 『キャロル』

■編集賞
ピエトロ・スカリア 『オデッセイ』

■衣装賞
『シンデレラ』

■アニメ映画賞
『インサイド・ヘッド』

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]