ブラピ主演『ワールド・ウォーZ』続編、監督が降板

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
フアン・アントニオ・バヨナ監督 - Steve Granitz / WireImage / Getty Images

 ブラッド・ピット主演、マックス・ブルックスのベストセラーを映画化したゾンビスリラー映画『ワールド・ウォー Z』の続編を手がけることになっていたフアン・アントニオ・バヨナ監督が、降板することになったとDeadline.comが伝えた。

【写真】フアン・アントニオ・バヨナ監督作『インポッシブル』ギャラリー

 『永遠のこどもたち』や『インポッシブル』などで知られるバヨナ監督は、第一作目でメガホンを取ったマーク・フォースター監督から引き継いで、続編を手がける予定だったが、スケジュールの都合で、降板することになったとのこと。

[PR]

 ブラッド・ピットの続投は決定しており、予定されていた2017年6月9日の公開初日に変更はなく、製作スタジオのパラマウントは、急ピッチで後任探しに乗り出しているところだ。

 バヨナ監督は、一時期、『ジュラシック・ワールド』の続編の監督候補に名前が挙がったが、『ワールド・ウォー Z』続編のスケジュールとかち合うため、可能性はないだろうと伝えられて来た。今作の降板を受けて、『ジュラシック・ワールド』続編の有力候補に再度名前が挙がるのではとも考えられている。

 バヨナ監督は、2016年10月に全米公開予定、フェリシティ・ジョーンズリアム・ニーソン出演の『ア・モンスター・コールズ(原題)/ A Monster Calls』の撮影が終わったばかり。(鯨岡孝子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]