舞台「FAIRY TAIL」主人公ナツのビジュアル公開!CGナシのシックスパック!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
これが舞台「FAIRY TAIL」のナツ! - (C)真島ヒロ/講談社 (C)「FAIRY TAIL」舞台製作委員会2016

 アニメ化もされた真島ヒロの大ヒット漫画を舞台化するライブ・ファンタジー「FAIRY TAIL」から、俳優集団D-BOYS宮崎秋人が演じる主人公ナツ・ドラグニルのビジュアルが公開された。

 原作は2006年より「週刊少年マガジン」(講談社)で連載されている冒険ファンタジー。魔導士たちにさまざまな仕事を仲介するギルドの一つ「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」を舞台に、炎を自在に操る滅竜魔導士(ドラゴンスレイヤー)ナツと仲間たちの活躍を描く。

 2009年のテレビアニメ開始以降、劇場版アニメ、ゲームなどさまざまなメディアミックスが展開されてきたが、舞台化は今回が初。ナツ役に挑むにあたって宮崎は徹底した肉体改造に励み、炎以外はCG加工されていないビジュアルで、見事なシックスパックの腹筋を披露。「実際に衣装に袖を通してみて、改めて『自分が FAIRY TAIL のナツ・ドラグニルなんだ』と強く実感しました。皆さんの想像するナツに近づけるように、宮崎秋人がナツで良かったと言ってもらえるように頑張ります!」と意気込みを語っている。

[PR]

 脚本・演出を務めるのは、宝塚歌劇団の脚本・演出として活躍し、昨年、ビジュアルの再現度でも話題を呼んだ舞台「ライブ・スペクタクル NARUTO-ナルト-」を手掛けた児玉明子白又敦郷本直也古谷大和山本一慶小野健斗小澤廉、さらには荒木宏文ら多彩な若手俳優たちが脇を固める。(編集部・入倉功一)

ライブ・ファンタジー「FAIRY TAIL」はサンシャイン劇場にて4月30日~5月9日まで上演

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]