AKB峯岸みなみ初主演作『女子高』ビジュアルに意味深な言葉とピースの欠けたパズル…

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
峯岸みなみ(左)と高田里穂(右) - (C) 映画「女子高」製作委員会

 AKB48峯岸みなみの映画初主演作『女子高』より、主人公の高橋香月を演じる峯岸と、物語の鍵を握る転校生・橘美冬役を務める高田里穂のこちらをまっすぐに見つめる瞳が印象的なキービジュアルが公開された。ピースの欠けたパズルに見立てた二人の姿と、「復讐って罪ですか?」の言葉が見る者の不安を煽る一枚に仕上がっている。

 高校卒業から7年の月日が経った。香月ら6人は深夜、廃校となった母校に同窓会として集まっていた。再会を喜ぶさなか、突如停電が起こり銃声が鳴り響き、電気がつくと一人が胸を撃ち抜かれて死んでいる。パニック状態の彼女たち全員の携帯電話に「犯人は誰だ?」というメールが届くが、その差出人の名に一同は愕然とした。

 この事件が学生時代の“とある出来事”に結びついていると気付いた香月たちは7年前の記憶をたぐり寄せる。それは一人の同級生の出現が彼女たちの関係に亀裂を生み始めた頃のことだった。主人公の香月と、転校生の美冬。二人が並ぶキービジュアルは、物語のあらましを知るとより意味ありげに見えてくる。香月の無感情な瞳に比べ、美冬はなにかを訴えかけているようにも受け取れる。さらに、ピースの欠けたパズルや「復讐」の言葉が表すものとは……?

[PR]

 本作は、『リアル鬼ごっこ』シリーズなどで俳優として活動する一方、『ガキ☆ロック』などの脚本も手掛けた山本浩貴が監督・脚本を務めた。キャストには峯岸と高田のほかに、泉はる中山絵梨奈北山詩織寒川綾奈潮美華などフレッシュな顔ぶれがそろう。(編集部・小山美咲)

映画『女子高』は今春、シネマート新宿ほかにて公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]