これがスパイの育て方!クッキーの奪い合いから始まる一流スパイへの道

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
父と子が凶悪ギャングに挑む! - (C)Zeta Cinema, S.L

 スペイン発のスパイアクション映画『SPY TIME -スパイ・タイム-』の本編映像が公開され、エリートスパイである父親が息子をスパイへと育てる過程がお披露目された。

【写真】映画『SPY TIME -スパイ・タイム-』ギャラリー

 本作は、突然ギャングに命を狙われたことをきっかけに、冴えないオヤジと思っていた自分の父親がスパイであることを知る会社員アドルフォが、危機を切り抜けるために父親とタッグを組み、ギャングと戦いを繰り広げるさまを描き出す。

[PR]

 今回お披露目されたのはアドルフォが赤ん坊の頃から父親に鍛えられていたことがわかる回想シーンつきの動画。普通、凶悪なギャングに狙われたら命がいくつあっても足りないのでは? という疑問に応えるようにその訓練は壮絶を極める。

 やっと首がすわったような赤ん坊が宙に投げられたかと思うと、次のシーンでは宙吊りにされて容赦なく剛速球が飛んでくる。クッキー一つ食べるにも父親と目にも止まらぬ早さで奪い合い、隙を見せると張り手が飛んでくる。特訓の日々を思い出して「イカれてる」と呟く息子に、「いつか役に立つ」と返す父親。そんな親子にはマシンガンを持った男が迫っている……。

 スペインの漫画家マルエル・バスケス・ガジェゴのコミックを実写化した本作でメガホンを取ったのは、霊感体質の教師と幽霊学生との交流を描いた学園コメディ『ゴースト・スクール』のハビエル・ルイス・カルデラ監督。『ペーパーバード 幸せは翼にのって』のイマノール・アリアスが父、『ラスト・デイズ』のキム・グティエレスが子として、スパイ親子を演じる。(編集部・海江田宗)

映画『SPY TIME -スパイ・タイム-』は1月23日よりヒューマントラストシネマ渋谷ほかで公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]