『ブルックリン』でアカデミー賞ノミネートのシアーシャ・ローナン、グレタ・ガーウィグの監督作に出演へ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
シアーシャ・ローナン - Kevork Djansezian / NBC / NBCU Photo Bank via Getty Images

 映画『つぐない』や『ハンナ』、今年のアカデミー賞主演女優賞にノミネートされている『ブルックリン』で知られるシアーシャ・ローナンが、女優のグレタ・ガーウィグがメガホンを取る映画『レディー・バード(原題) / Lady Bird』で主役を演じることになったとDeadlne.comが報じた。

【動画】グレタ・ガーウィグ出演『フランシス・ハ』

 本作は、高校卒業前の一年を、サクラメントにある実家で過ごすことになった女性の物語。映画『ローマでアモーレ』や『EDEN/エデン』などの女優グレタ・ガーウィグが、本作で単独での監督デビューを果たす。ガーウィグは、自身の2012年の主演作『フランシス・ハ』の脚本などを共同執筆しており、本作でも脚本を手掛ける。

[PR]

 ローナンがアカデミー賞にノミネートされるのは、2008年の『つぐない』の助演女優賞ノミネート以来2度目。『ブルックリン』では、惜しくも受賞を逃したものの、ゴールデン・グローブ賞で女優賞にノミネートされた。また、英国アカデミー賞でも主演女優賞にノミネートされている。

 ローナンは、今年公開予定の長編アニメーション映画『ラヴィング・ヴィンセント(原題) / Loving Vincent』で声の出演を果たしているほか、『イノセント・ラブ』(日本劇場未公開)のマイケル・メイヤー監督による、チェーホフの戯曲「かもめ」の映画化『ザ・シーガル(原題) / The Seagull』に出演しており、現在ポストプロダクション中、今年公開予定だ。(鯨岡孝子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]