「スギちゃんのシーンが一番良かった」にペ・ジョンミョン苦笑い

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
田畑智子と夫婦を演じたペ・ジョンミョン

 田畑智子が3年ぶりに主演を務めた映画『鉄の子』の記者会見が8日、日本外国特派員協会で行われ、田畑と夫婦を演じた俳優のペ・ジョンミョン福山功起監督が出席。本作にはお笑い芸人のスギちゃんも出演しており、会場からの「スギちゃんのシーンが一番良かった」という感想に、ジョンミョンが思わず苦笑いする場面もあった。

ペ・ジョンミョン&福山功起監督 会見フォトギャラリー

 『鉄の子』は、両親の再婚により同い年のキョウダイとなった小学生の陸太郎と真理子が、「リコンドウメイ」を組んで両親を離婚させようと奮闘するホームドラマ。福山監督は「実体験がベースになっていて、劇中の隆太郎が自分。あんなに男前ではなかったですけど」と笑みを浮かべると、「もともとは埼玉県の川口市の物語を作ろうというところから始まったんです」と制作経緯を説明。「川口は鋳物工場が多い鉄の町ですが、鉄と聞いたときに子供や人の成長というものとピンと結びついて、自分が子供の頃の物語をこの鉄の町で作れればと思いました」

[PR]

 また、何を一番に伝えたいのかと問われた福山監督は、「親の身勝手に抗えない子供の姿を描いているけれども、父親も母親も一生懸命生きていて、決して悪者としては映したくなかったんです。DVのシーンもありますが、暴力を描いたものだとは思っていません」と語った。

 初めての父親役に挑んだジョンミョンは、「カレーを食べるシーンがあって、テストのときからずっとカレーにニンジンが入っていたんですけど、僕はニンジンが食べられないんですよ。でも子供が目の前にいたので、ニンジンが食べられないことをずっと言えないままだったのが一番印象に残っています」と撮影を振り返り、場内を爆笑の渦に包んだ。

 陸太郎と真理子の2人の子役については、「大人っぽい芝居をしない、子供らしい子供を選んだ」という福山監督。「実在する“真理子”と一緒に脚本のイメージを作ったのですが、二人の記憶が違っているところがたくさんあって、たとえば僕が真理子を助けたと思っていたのが、彼女に言わせるとその逆だったりするんですよ。男って都合のいいように記憶するんだなと思いましたね」と重いテーマでありながら、ところどころにユーモアを交えながら明かしていた。(取材・文:タナカトシノリ)

映画『鉄の子』は2月13日より角川シネマ新宿ほか全国順次公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]