実写版『テラフォーマーズ』伊藤英明、山田孝之、小栗旬ら主要キャストがそろう圧巻の新ビジュアル!!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
異常進化したゴキブリ!? - (C) 貴家悠・橘賢一/集英社 (C) 2016 映画「テラフォーマーズ」製作委員会

 火星を舞台に15人の日本人とヒト型に進化したゴキブリ・テラフォーマーの死闘を描く映画『テラフォーマーズ』より、襲い来るテラフォーマーたちを背に、伊藤英明武井咲山田孝之小栗旬ら主要キャストが顔をそろえる新ビジュアルが披露された。

映画『テラフォーマーズ』WEB版特報

 累計発行部数1,400万部を超える人気漫画の実写版となる本作。2599年の日本では、移住先を求めて火星地球化(テラフォーミング)計画が進行していた。しかし火星には、ゴキブリが異常進化を遂げた生物・テラフォーマーがはびこっており、それを駆除するため何も知らない15人の日本人が宇宙船“バグス2号”で送り込まれる。この型破りな物語を、『クローズZERO』シリーズや『悪の教典』などの三池崇史監督が壮大なスケールで描き出した。

[PR]

 公開された新ビジュアルでは、主人公の小町小吉(伊藤)をはじめとする乗組員の面々が凛々しいまなざしで並んでいる。伊藤、武井、山田のほか、菊地凛子篠田麻里子加藤雅也滝藤賢一小池栄子ケイン・コスギといった豪華な顔ぶれがそろうだけでも圧巻だが、「俺がやる。」の文字と、それぞれの緊張感に満ちた表情は、背後から迫るテラフォーマーたちとの戦いのし烈さを思わせる。また、人間たちの中でただ一人、不敵な笑みを浮かべるのは小栗演じる本多晃博士だ。本作の鍵を握るという本多博士の表情が意味するものとは……?

 さらに、前代未聞ともいえるミッションに立ち向かう彼らの肉体は、彼らにも知らされていない秘策として昆虫のDNAが組み込まれており、ハチやバッタ、クワガタなどの昆虫が持つ特性が反映された姿へと変異するようになっていた。衝撃の風貌へと変わる変異シーンがどのように表現されるかにも期待がかかる。(編集部・小山美咲)

映画『テラフォーマーズ』は4月29日より全国公開

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]