ライアン・レイノルズ 麻酔中に『デッドプール』を見逃したと勘違いしたファンにプレミアチケットをプレゼント

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ライアン・レイノルズ

 ライアン・レイノルズが歯を抜いて涙するファンを映画『デッドプール』のプレミアに招待し、そのヒーローぶりが話題となっている。

『デッドプール』予告編

 ことの発端は、マライア・ボイルの母親がFacebookに投稿したビデオだったようだ。ビデオには、麻酔をして親不知を抜いたマライアが、寝ていた間に『デッドプール』の劇場公開を見逃したと勘違いをし、「『デッドプール』。『デッドプール』が観られなかった」と車の中で泣き続けている姿が映っている。

[PR]

 これを見たライアンは、自身も口の中に綿を詰めた写真を自分のFacebookに投稿。「マライア・ボイル、歯の妖精ってどうしようもないストーカーだと思わないか? じゃなきゃ誰が君の枕の下に『デッドプール』のプレミアのチケットを2枚、置いていくんだ?」と書き、彼女をプレミアに招待した。

 マライアは友人と一緒に2月8日(現地時間)にニューヨークで開催されたプレミアに出席し、ライアンとも対面できたよう。現在、彼女のFacebookのプロフィール写真はライアンとのツーショットになっている。(澤田理沙)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]