桃井かおり監督&主演作がベルリンでお披露目!LAの自宅で撮影

第66回ベルリン国際映画祭

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ベルリンの質疑応答に応じる桃井かおり - (C)YOSHIMOTO KOGYO / TEAM OKUYAMA

 現在、開催中の第66回ベルリン国際映画祭で、現地時間2月12日に女優・桃井かおりの監督&主演作『火 Hee』のワールドプレミア上映が行われ、桃井が上映後の来場者からの質疑応答に応じた。

 本作は桃井の長編監督第2作。芥川賞受賞作家・中村文則の「銃」に収められた短編「火」をもとに桃井が脚本を手掛け主演も務めた意欲作で、本映画祭の「フォーラム」部門に出品された。製作のきっかけについて桃井は「女優・桃井かおりを(無料で)ブッキングできて、アメリカ・ロサンゼルスの自宅をロケ地にして私物の衣装や小道具等を使って10日間で映画を仕上げるためには、作品を理解しているわたし以上に適任はいないと思って、今回監督をすることになりました」とユーモアたっぷりにコメント。

 さまざまな音で構成された音楽について尋ねられると、こんなユニークな体験談が飛び出した。「先日、わたしの旦那様がテレビを観ているときに、自分が一人で話しかけていたのですが、そのときにわたしの存在が“人”で はなく“音”に変わることを経験し、いかに日々の生活でさまざまな音があふれているのか、ということを表現したくて、 いろんな効果音を重ねた音楽を映像に乗せました」。

[PR]

 映画に登場するイラストも桃井が手掛けたもので、「監督もして、女優をして、ダンスもしたり、いろんなことをたしなんでいますが、ある日この映画に合わせてイラストを描いたら、撮影監督に見初められそのまま映画に使うことにしたんです」と経緯を明かし、「今の世の中で“一番残念なおとぎ話”として表現した」と作品の意図を力強くアピールした。(編集部・石井百合子)

映画『火 Hee』は2016年初夏公開
第66回ベルリン国際映画祭は2月21日まで開催

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]