黒木華、最優秀助演女優賞!3度目の受賞に喜び「二宮さんのおかげ」

第44回日本アカデミー賞

ブロンズを手に喜びのスピーチした黒木華
ブロンズを手に喜びのスピーチした黒木華 - (C) 日本アカデミー賞協会

 第44回日本アカデミー賞授賞式が19日、東京・港区のグランドプリンスホテル新高輪で行われ、女優の黒木華が映画『浅田家!』で最優秀助演女優賞に輝いた。黒木が同賞の受賞を果たすのは、第38回と第39回に次いで3度目となる。

黒木華、江口のりこ、後藤久美子、安田成美が美の競演!【写真】

 『浅田家!』は、写真家・浅田政志の写真集を原案にした人間ドラマ。家族写真を撮りながら成長していく主人公・政志を二宮和也、その兄・幸宏を妻夫木聡が演じ、監督を『湯を沸かすほどの熱い愛』などの中野量太が務めた。

[PR]

 プロのカメラマンを目指して上京した政志を支える、幼なじみの若奈を演じた黒木。主人公の尻を厳しく叩きつつも、ときに優しく接する女性を好演した。二宮とは今回が2度目の恋人役での共演。3度目の最優秀賞受賞に、黒木は「ありがとうございます。二宮さんのおかげだなと思います。どこか少しピリピリするような空気の中で、映画を観に行くようになれて、私はすごく救われました。改めて映画のありがたみ、大事さに気づきました。今、幸せを噛み締めていて、素敵な作品をみなさんに届けられたら、それで少しでも救われる人がいたらいいなと思います」と喜びをコメント。

 黒木はこれまで第38回に『小さいおうち』、第39回に『母と暮せば』で最優秀助演女優賞を受賞。ほかにも第37回に『舟を編む』『草原の椅子』で新人俳優賞、第40回『リップヴァンウィンクルの花嫁』、第42回に『日日是好日』で優秀主演女優賞に輝いている。

 なお、優秀助演女優賞は黒木のほかに、江口のりこ(『事故物件 恐い間取り』)、後藤久美子(『男はつらいよ お帰り 寅さん』)、桃井かおり(『一度も撃ってません』)、安田成美(『Fukushima 50(フクシマフィフティ)』)が受賞。うち黒木が最優秀賞に選ばれた。(編集部・大内啓輔)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]