萩尾望都、花沢健吾、五十嵐大介、古屋兎丸の仕事場に密着!「浦沢直樹の漫勉」2弾3月放送へ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
少女漫画界の神様、萩尾望都の仕事現場に密着!

 日本漫画界のトップに君臨する漫画家たちの日常を追った番組「浦沢直樹の漫勉」2弾がNHK Eテレで3月より放送されることが決定した。「ポーの一族」の萩尾望都、「アイアムアヒーロー」の花沢健吾、「海獣の子供」の五十嵐大介、「ライチ☆クラブ」の古屋兎丸らそうそうたる顔ぶれが登場する。

【写真】花沢健吾、五十嵐大介、古屋兎丸の仕事場公開!

 「浦沢直樹の漫勉」は、普段明かされることのない漫画家たちの仕事場に密着し、作品が生まれる瞬間に肉迫すると共に、「MONSTER」「20世紀少年」などのヒット作を飛ばし続ける浦沢直樹が、同じ漫画家として彼らの創作の秘密に迫る。2014年11月にかわぐちかいじ山下和美をゲストに迎えたパイロット版が、昨年9月には東村アキコ藤田和日郎浅野いにおさいとう・たかををフィーチャーしたファーストシーズンが放送された。

[PR]

名作誕生の瞬間が映し出される

 セカンド・シーズンの目玉は、“少女漫画界の神様”と言われる大御所・萩尾望都。デビューして48年後、初めて“王朝もの”に挑んだ野心作「王妃マルゴ」の製作の裏側から、若いころから貫いてきた「人物の葛藤を描きたい」という萩尾の熱い思いが浮かび上がっていく。

 そのほか、大泉洋有村架純長澤まさみ主演による実写映画化(4月23日公開)が控える花沢健吾の「アイアムアヒーロー」、先ごろ「ライチ☆光クラブ」の実写版が公開された古屋兎丸の「帝一の國」「女子高生に殺されたい」、2014年と2015年に「リトル・フォレスト」が2部作で実写化された五十嵐大介の半獣半人を描くSFアクション「ディザインズ」と、第一線で活躍し続ける大家たちの“今”をひもとく貴重な内容となっている。(編集部・石井百合子)

「浦沢直樹の漫勉」セカンド・シーズンは3月3日よりNHK Eテレにて毎週木曜日夜11時~11時44分放送
(3日:萩尾望都、10日:花沢健吾、17日:五十嵐大介、24日:古屋兎丸)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]