木村祐一、桂文枝に関する質問に困惑 品川祐が「狩野にインタビューする」と助け舟

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
桂文枝は“伊達男”と語った木村祐一

 映画『ワレワレハワラワレタイ ウケたら、うれしい。それだけや。』の東京プレミア上映が24日都内で行なわれ、お笑いコンビ・品川庄司品川祐、本作でインタビュアーを務めた木村祐一が登壇、桂文枝に関する質問に困惑する木村に、品川が助け舟を出すなどして会場の笑いを誘った。この日は130Rほんこん東京ダイナマイトハチミツ二郎千鳥大悟ノブ天津木村卓寛も登場した。

【写真】キム兄、品川、ほんこん、千鳥……芸人多数登場ギャラリー

 本作は、創業100年を超えた芸能プロダクションである吉本興業が、笑いの遺伝子を次の100年へとつなぐことを目的に立ち上げたドキュメンタリープロジェクト作品の第1弾。この日は劇中に登場した西川のりお上方よしお東野幸治にまつわるエピソードなどを語ったほか、観客や報道陣からの質問にも応じた。

[PR]

 不倫騒動に揺れる落語家の桂文枝にインタビューしてみたいかと質問を受けた木村は、「実は撮った映像はあるんですけど……。まあノーコメントといえばノーコメントというか……どうしましょ?」と答えに詰まる。すると品川がこちらも最近世間を騒がせた狩野英孝の名前を出し、「じゃあ代わりに僕が狩野にインタビューするでいいですか?」とボケて木村をフォロー。一方の木村は、「文枝師匠のインタビューの時は、場所がイタリアンレストランでバックにイタリアの地図がドーンとあったんですよ。イタリア男?伊達男?みたいなことですかね」と続けた。

 今作で木村は、吉本興業の芸人107組にインタビューを実施。木村は質問したかった内容として「皆さんが抱えてらっしゃるものですね。一番聞きたかったのは、腹立ったこと、悔しかったことです。それをバネにしているのかということや、あとは嬉しかったこと」とコメントしながら「先輩や師匠、お客さんなんかに掛けられた一言で、『一生いける』みたいな喜びというのが、我々にはある。そんなことを詳しく聞きたかったんです」と述べ、作品をアピールしていた。(取材・文:桂伸也)

映画『ワレワレハワラワレタイ ウケたら、うれしい。それだけや。』は2月22日よりイオンシネマ板橋にて公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]