長瀬智也、“嫌われ女子”が大好物!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
登壇した武井咲

 TOKIO長瀬智也が1日、都内で行われたフジテレビ系連続ドラマ「フラジャイル」ひな祭り特別企画!フラジャイルファンOL限定試写会に出席し、“嫌われ女子”が好きであることを告白し、観客を引かせた。この日は共演の武井咲も登壇した。

【写真】武井咲、白衣姿が美しい!

 本作で偏屈なイケメン天才医師を演じる長瀬は、ファンからの「どんな部下なら可愛いがりたい?」という質問に、「不器用な男は面倒をみてあげたくなっちゃう」と回答。しかし、ファンは“女性の部下”について聞いており、司会者からの指摘でようやく主旨を理解すると、「女性の部下はジャニーズにいなですからね……」と困惑しつつ、「理解できるかわからないですけど、性格の悪い子がいいです」と話し、客席に「え~~」と引き気味の声を響かせる。長瀬は「それ(性格が悪い子)も結局不器用な子」と思っているそうで、「同性からも嫌われちゃうみたいな子、結構大好物です」と意外な趣味を打ち明け、ファンを驚かせた。

[PR]

 一方の武井は、共演の野村周平の名前を挙げると、「野村さんは同い年なんですけど、自由で子供みたい」と理由を説明。また、野村が長瀬に「今日はウナギ食べたいっす。そろそろ美味しいもん食いたいっすね~」と言ったり、毎日のようにメールを送ったりしていることを明かすと、長瀬も「(自分の)撮影がないときも奴からロケ現場で撮った写メール送られてくるんですよ」と暴露。長瀬は「なんで俺に送って来るの?」と首をかしげながらも「面白いですね」とにっこり。野村とのじゃれ合いを楽しんでいる様子をうかがわせた。

 本作は、病気の原因と発生の仕組みを解明し、患者への診断を科学的に確定させる病理医・岸京一郎(長瀬)が、患者の命と医療の正義のため、周囲との軋轢をいとわずに闘う戦う姿を描いた医療エンターテイメント。「アフタヌーン」(講談社)で好評連載中の同名漫画が原作で、岸に振り回される新米病理医・宮崎智尋を武井が演じている。(取材/錦怜那)

フジテレビ系連続ドラマ「フラジャイル」は毎週水曜午後10時より放送中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]