『小さな恋のメロディ』の名曲、新たな純愛物語として蘇る

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
映画『若葉のころ』 - (C) South of the Road Production House

 1971年の映画『小さな恋のメロディ』の挿入歌としても知られるビー・ジーズの名曲「若葉のころ」の旋律と、映像美あふれるみずみずしい情景に乗せて、初恋の揺れる思いを描いた台湾映画『若葉のころ』が5月28日より公開されることが決定した。

 母が17歳だった1982年と、娘が17歳になった2013年。本作は、17歳の女子高生とその母、そしてその母が17歳だったころの初恋相手など、登場人物たちの思いが1982年と2013年のそれぞれに行き交う純愛ラブストーリー。主人公の女子高生バイが交通事故で意識不明になった母に代わって、母の初恋相手に送った「あなたに会いたい」という1通のメールが、切ない初恋の記憶を呼び覚まし、物語は一気に発展していく。

 主人公のバイと若き日の母ワンの二役を務めるのは、「美男(イケメン)ですね~Fabulous★Boys」や「GTO TAIWAN」で注目を浴びるルゥルゥ・チェン。母ワンの初恋相手リンにはジョニー・トー監督作品でおなじみのリッチー・レン、2013年の母ワンには英誌で「アジアで最もセクシーな女優」に選出されたこともあるアリッサ・チアがふんする。

[PR]

 メガホンを取るのは、人気バンドMaydayなどのミュージックビデオを手掛け、これが長編初監督作となるジョウ・グーダイ。本編を通して映し出される高い映像美は、ミュージックビデオ出身監督ならでは。(編集部・中山雄一朗)

映画『若葉のころ』は5月28日よりシネマート新宿ほか全国順次公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]