大泉洋、ディカプリオに上から目線のアドバイス

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
レオナルド・ディカプリオをライバル視したコメントで会場を沸かせた大泉洋

 俳優の大泉洋が21日、都内で行われた映画『アイアムアヒーロー』完成報告会見に登場し、先日行われた第88回アカデミー賞で悲願のオスカーを手にしたレオナルド・ディカプリオをライバル視した発言で、会場を沸かせた。会見には有村架純佐藤信介監督、花沢健吾(原作)も出席した。

大泉洋、鼻骨折のディカプリオに上から目線のアドバイス 画像ギャラリー

 本作は、累計600万部を超える同名人気コミックの実写映画化。人を襲う謎の生命体ZQN(ゾキュン)による感染パニックに陥る日本を舞台に、主人公・鈴木英雄(大泉)が、女子高生・比呂美、(有村)、元看護師の藪(長澤まさみ)と共に生き残りをかけて戦う姿を描いた、絶叫と衝撃のサバイバルムービー。

[PR]

 世界的評価が高く、ポルト国際映画祭(ポルトガル)では観客賞と優れたアジア映画に贈られるオリエンタルエキスプレス特別賞をW受賞。シッチェス・カタロニア国際映画祭(スペイン)では観客賞と最優秀特殊効果賞を受賞。そして、3月29日(現地時間)より開催されるブリュッセル・ファンタスティック国際映画祭(ベルギー)にも出品が決まっており、受賞すれば、世界三大ファンタスティック映画祭制覇という快挙が実現する。そのため、大泉は「(賞を)とりたいですね」と意気込むと、「最終的にはアメリカのアカデミー賞まで何とか行けたらと思います」と意気込みを明かした。大泉は、映画祭で受賞の報告を受けるたびに「主演男優賞はどうした?」とマネージャーに聞いているそうで、「いつになったら、もらえるんだ……」と素直な思いもぶちまけた。

 そんな大泉は、劇中シーンのショットガンを構える姿が、映画『レヴェナント:蘇えりし者』でのディカプリオのそれと似ていることからライバル心を燃やすと、「本当に同じ画角で、やられたなと思いました。僕らの方が撮影は早いんじゃないですか?」と相手方が真似をしたと訴える。さらに、ディカプリオが鼻を骨折しながらも撮影に臨んだというエピソードから、自身の武勇伝を尋ねられた大泉は、「大変安全に撮影したので……ケガはなかったんですけど……」とがっくりと肩を落としながら返答しつつ、「骨を折ったんですか? それは安全上よろしくないですね」とダメ出しし、「もっと気をつけて撮影なさったら良かったのに」と上から目線のアドバイスを送り、会場の笑いを誘った。(取材:錦怜那)

映画『アイアムアヒーロー』は2016年4月23日より全国東宝系にて公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]