声優・大平透さん、肺炎で死去 ダース・ベイダー、喪黒福造役など

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ご冥福をお祈りいたします(写真はイメージ) - iStock.com / studio-pure

 映画『スター・ウォーズ』シリーズのダース・ベイダーの吹き替えや、アニメ「笑ゥせぇるすまん」の喪黒福造役などで知られる声優の大平透さんが、4月12日に肺炎により86歳で亡くなっていたことが明らかになった。所属事務所の81プロデュースが14日、公式サイトで発表した。

【写真】大平さんが吹き替えを担当したダース・ベイダー

 所属事務所の代表取締役・南沢道義氏は公式サイトで「病気療養中のところ肺炎のため平成28年4月12日86歳で永眠致しました。ここに生前中のご厚誼を深謝し、謹んでご報告申し上げます」と大平さんの訃報を伝えた。

 東京都出身の大平さんは、ラジオアナウンサーとしてキャリアをスタートさせ、「笑ゥせぇるすまん」の喪黒福造役でその不気味な笑い声が話題となった。さらに、「ハクション大魔王」のハクション大魔王、「科学忍者隊ガッチャマン」の南部博士など多数のヒット作で活躍。テレビシリーズ「スーパーマン」でスーパーマンの声を吹き込んだほか、『スター・ウォーズ』シリーズのダース・ベイダーの吹き替えなどで多くのファンから愛された。そのほかにもCMやテレビ番組のナレーションなど幅広い分野でその魅力を発揮し、後進の指導にも力を注いでいた。(編集部・吉田唯)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]