マイケル・J・フォックス「死ぬ準備をしている」と報じたタブロイド紙から謝罪を勝ち取る

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
マイケル・J・フォックス - Jim Spellman / WireImage / Getty Images

 パーキンソン病を公表しているマイケル・J・フォックスが、彼の健康に関するうその記事を掲載したタブロイド紙から謝罪を勝ち取ったことをTwitterで報告した。

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』フォトギャラリー

 Globe紙は4月4日(現地時間)の記事で、「マイケルは死ぬ準備をしている」「命を救えるかもしれない手術を拒んだ」「手足の震え、骨のゆがみは増し、認知症やアルツハイマー発症の恐れもある。本人も将来に希望がないことは理解している」などと書いていたが、この度、記事を撤回し、謝罪をしてきたという。

 マイケルは謝罪記事の写真と共に、「先日Globeに掲載された僕の健康と精神状態に関する記事は瞬く間に広まったが、ひどい内容でまったくのうそだ。Globeは謝罪してきた」とツイート。謝罪文は、「マイケル・J・フォックスさんは、これまでと変わらず充実した人生を送っており、今後ともパーキンソン病と闘っている人々の希望とインスピレーションであり続けます」と述べ、これとは逆の内容の記事を掲載したことを詫びると記載されている。(澤田理沙)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]