ファンキー加藤、100%出し切った!初主演映画に後悔なし

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
嬉しそうな表情を浮かべるファンキー加藤

 解散した FUNKY MONKEY BABYSファンキー加藤が17日、都内で行われた映画『サブイボマスク』のプレミア上映会舞台あいさつに出席し、初主演を務めたことに対して「難しいことだらけで。撮影で1か月、大分にいましたけど、ずっと台本とにらめっこしていました。自分の演技を客観的に見ることはできないですけど、100%は出し切ったので後悔はないです」と胸を張った。

【写真】平愛梨の笑顔も可愛らしいプレミア上映会

 本作は、熱すぎる魂を持った謎のシンガー・サブイボマスクが、自作の応援歌で、さびれた商店街を立て直そうと奔走するハートフルコメディー。この日のイベントでは、平愛梨温水洋一いとうあさこ小林龍二泉谷しげる門馬直人監督らも登場した。

[PR]

 会場には加藤のファンが多数来場しており、加藤が姿を見せると、場内は熱狂的な歓声に包まれた。そんな観客に向けて加藤が「ようやく完成しました」と報告すると、客席はさらに大盛り上がり。温水が「本当にこんなキャーキャー言われるような。そんなすごい映画に出ていたんですね」と喜びをにじませ、他の登壇者たちも驚いた様子だった。

 主演を務めた加藤は、自身の役柄について「春雄は、加藤の1.5倍くらい熱い男。演じながら、こういう男にはあこがれるなと。ある意味、理想像だったので、そういう役を演じられたのは、光栄に思っています」と思いを告白。

 また、元モデルで勝ち気な出戻りシングルマザー・雪を演じた平は「まだ結婚も出産もしていないわたしが(シングルマザーを演じて)お恥ずかしい。今日は映画を観ていただけると思うと、恥ずかしいですけどうれしいです」とはにかんだ笑顔を見せ、その様子に会場は「カワイイ!」の大合唱。その言葉を受けたいとうが「わたしもシングルマザー役で、結婚も出産もしていないので、お恥ずかしい」と平のコメントに便乗し、「こっちの方が重みがあるからね。有り余る母性で演じました」と付け加えて笑いをさらっていた。(取材・文:壬生智裕)

映画『サブイボマスク』は6月11日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]