ゲス川谷絵音もブログで謝罪「2人とも不幸にした」不倫認める

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
川谷絵音 - Sports Nippon / Getty Images

 タレント・ベッキーとの不倫が報じられていたゲスの極み乙女。のボーカル・川谷絵音が13日、ブログを更新。ベッキーと不倫関係にあったことを認め、騒動を謝罪した。

 騒動発覚後、芸能活動を休業していたベッキーが「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(TBS系)で復帰し、涙ながらに騒動を謝罪したこの日、川谷は「今日の金スマの放送を見て、書かないといけないなと思い、事務所を通さず勝手にブログを書いています」と切り出すと、「まず、週刊文春さんで報じられたLINEの内容は全て本物です。かつベッキーさんと友達関係だと最初のFAXでお伝えしましたが、あれは嘘であり、恋愛関係にありました」と告白。

 「このような嘘をついてしまい本当に申し訳ありません。離婚するまでは友達でいようと言っていました。周りが見えてなかったし、本当に僕は誰の気持ちも考えてやれなかった。2人とも不幸にしてしまいました」とベッキーと今月9日に離婚を発表した元妻への思いを吐露し、「奥さんの気持ちを踏みにじり実家にベッキーさんを連れて行ったのも僕の独断です。奥さんに対してもベッキーさんに対しても本当に申し訳ないことをしたと思っています」と謝罪した。

[PR]

 以前、「誰に謝ればいいのか」と発言したことについては、元妻やベッキー、ファン、関係者に向けたものではなく、「ネットで心ない暴言を浴びせてくる人たちに対して言いました。ベッキーさんのSNSにも僕のSNSにも日常的に『死ね』『消えろ』というような乱暴な言葉が並んでいました。それに我慢が出来なくなりました」と釈明。「ただこの発言を僕は公の場でするべきではなかったし、僕がそれを言う資格はなかった。結果数々の誤解を生みました。本当に子供だったと反省しています」とつづった。

 また、ベッキーが休業したにもかかわらず、自身はゲスの極み乙女。、indigo la End のメンバーとして活動を続けていることについて、「それは待ってくれているファンがいたからに他なりません。音楽を聴きに来てくれる人がいるのに裏切ることはできない。綺麗事に見えるかもしれませんが、僕はメンバーと作り上げた作品をただただ歌いたかった。僕の勝手かもしれませんが、それが理由です。両成敗というアルバムを出したくせに何を言ってるんだと思うと思いますが、僕にはそれしか出来ませんでした。ファンが楽しむ、というのが一番大事だと、その考えは変わっていません」と説明。

 最後は「ベッキーさんとは不倫関係にあって、奥さんを苦しめたし裏切りました。かつメンバー、スタッフの皆さん、関係者の皆さん、僕らのファンのみなさん、ベッキーさんのファンの皆さんには多大なご迷惑をおかけしました。本当に申し訳ございません」とあらためて騒動を謝罪し、「文章で、かつこのタイミングでお伝えすることになって本当に申し訳ないと思っています。これからも自分たちの音楽でファンの皆さんにしっかり向き合って、indigo la End、ゲスの極み乙女。共々頑張っていきたいと思っています。よろしくお願いいたします」とつづっている。

 ゲスの極み乙女。は、2012年5月に indigo la End のボーカルでもある川谷を中心に結成された4人組バンド。映画『ストレイヤーズ・クロニクル』の主題歌「ロマンスがありあまる」などで知られる。(編集部・中山雄一朗)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]