「真のヒーロー」と絶賛 発作の女性ファンを助けた「ARROW」ロイ俳優

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
女性を助けたコルトン・ヘインズ - Michael Loccisano / Getty Images

 米テレビドラマ「ARROW/アロー」でロイ・ハーパー/アーセナルを演じたコルトン・ヘインズが、イギリスのバーミンガムで開催されたスーパーヒーロー・コンベンション「The City of Heroes #2」で真のヒーローだと絶賛された。

【特別映像】コルトン・ヘインズ出演『カリフォルニア・ダウン』

 Mirror Online などによると、コルトンは共演者のスティーヴン・アメル(オリバー・クイーン/アロー役)、エミリー・ベット・リッカーズ(フェリシティ・スモーク役)、シャーロット・ロス(ドナ・スモーク役)、ジョン・バロウマン(マルコム・マーリン/ダーク・アーチャー役)と共にイベントに出席。義姉妹と一緒に来ていた31歳の女性ファン、ルイーズ・デンプシーさんが、会場で2回続けてけいれん発作を起こしてしまったところ、コルトンが助けたという。

[PR]

 「1度目は後ろにいた義姉妹が支えてくれたけど、すぐに次の発作が始まったの。その時コルトンが後ろにいて、彼が腕を回して支えてくれたわ。『大丈夫だから、泣かないで、心配しなくていいから』って言ってくれた」とルイーズさんはその時の様子を語っている。

 Twitterでコルトンにお礼をしたところ、彼からは「元気になって良かった!!!あんなことが起きて残念だったね。大きなハグと励ましの言葉を送るよ」との返事が。ルイーズさんは「レジェンド・オブ・トゥモロー」でホークマンを演じているフォーク・ヘンチェルも彼女を助けた一人だと後で知り、彼にもお礼を述べている。(澤田理沙)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]