グザヴィエ・ドラン、豪華仏キャスト集結の新作は「最高傑作」

第69回カンヌ国際映画祭

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
左からギャスパー・ウリエル、レア・セドゥ、マリオン・コティヤール、グザヴィエ・ドラン監督、ナタリー・バイ、ヴァンサン・カッセル - 第69回カンヌ映画祭フォトコールにて - Epsilon / Getty Images

 現地時間19日、グザヴィエ・ドラン監督が第69回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品されている映画『イッツ・オンリー・ジ・エンド・オブ・ザ・ワールド(英題) / It's Only the End of the World』の会見に出席し、ギャスパー・ウリエルマリオン・コティヤールレア・セドゥヴァンサン・カッセルナタリー・バイら豪華なフランス人キャストが集結した同作はキャリア史上「最高傑作」だと語った。

【写真特集】カンヌ映画祭レッドカーペット

 本作は、ジャン=リュック・ラガルスの戯曲の映画化作品。まもなく死ぬことがわかった若き作家のルイ(ギャスパー)は12年ぶりにフランスで暮らす家族のもとを訪れるが、兄(ヴァンサン)、妹(レア)、母(ナタリー)は口を開けばののしり合いとなり、なかなか本意を伝えることができない。ルイと秘密を共有する兄嫁には、マリオンがふんしている。

[PR]

 ドラン監督は、原作の登場人物全員がいかにナーバスになっていて、表面的で意味のないことを語っているかに惹かれたという。「彼らはあらゆることを話すけど、本当に感じていることは言わないんだ」。映画のほとんどを登場人物の顔のクローズアップで構成した理由もそこにあるといい、「彼らにとても近づく必要があった。メッセージは言葉の中にではなく、その沈黙、登場人物たちの表情の中にあるから」と説明した。

 カンヌの申し子いうべきドラン監督が「最高傑作」だと評する本作だが、プレス試写の反応を見るかぎりそのクローズアップの多用は万人に受け入れられたとは言い難い。27歳の秀英は同じくカンヌに出品されて賞を受賞した『マイ・マザー』や『わたしはロランス』でも評価が割れたことを引き合いに出し、今回の反応も気に病んではいないという。

 撮影では指示を出す間もカメラを回し続け、大量の映像を撮るのがドラン流。キャスト陣は、ドラン監督はビジョンが細部まで明確で、コミュニケーションが取りやすいと口をそろえ、レア・セドゥは「わたしたちはグザヴィエのことを愛している。そして、誰もが彼に愛されたいと思ってしまうの」と語り、隣に座ったドラン監督を照れさせていた。(編集部・市川遥)

第69回カンヌ国際映画祭は現地時間5月22日まで開催

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]