「アリス展」潜入!金爆・歌広場、喜矢武らの個性が爆発!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
これ実は黒板!

 ティム・バートン製作、ジョニー・デップ主演によるシリーズ最新作『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』の公開を記念して4日より開催される「アリスと時間のアート展」。一足先にマスコミ向けにオープンし、その全貌が明らかになった。

【ほか写真】それぞれの「時計アート」!

歌広場淳(左)と喜矢武豊(右)の作品

 アート展には、同シリーズに魅了された著名人、アーティストたちが、本作のモチーフ「時間」にインスパイアされ生み出した「時計アート」が登場。ゴールデンボンバー歌広場淳喜矢武豊GENKINGユージ、元AKB48光宗薫らの独特の美意識に根ざしたユニークな作品が楽しめる。

[PR]

ジョニー・デップが劇中で着用した帽子

 さらに、ジョニー・デップが劇中で着用した帽子や、前衛芸術家・草間彌生が発表した書籍「不思議の国のアリスWith artwork by 草間彌生」の等身大インスタレーション、そしてアリスやマッドハッター、チェシャ猫、白ウサギといった劇中のキャラクターと一緒に記念撮影ができるフォトロケーションなども展示。来場者全員に、オリジナルポストカードとショッピングバッグがプレゼントされる。

 本展覧会の目玉として注目すべきは、教室にあるものと同じサイズ(3.6メートル×1.2メートル)の黒板にチョークだけで描き出した黒板アート「ワンダーランドの追憶」。作者は、『アナと雪の女王』の黒板アートが話題を呼んだ画家・れなれな。会場に来場していたれなれなは、「ディズニー作品をオフィシャルで描かせてもらえて光栄です」と晴れやかな顔を見せた。

 興収118億円と、空前の大ヒットを記録した『アリス・イン・ワンダーランド』の続編となる本作は、悲しい過去に心を奪われ、帰らぬ家族を待ち続けるマッドハッターを救うために時間をさかのぼるアリスの冒険を描くファンタジーアドベンチャー。(取材・文:壬生智裕)

「アリスと時間のアート展」は6月4日~6月12日まで汐留・日本テレビ2F 日テレホールにて開催 入場無料

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]