ジョン・ウィリアムズ、ルークとレイアのラブシーン用の曲を書いていた

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
三角関係になるところでした…! - ルーク、レイア、ハン・ソロ - Twentieth Century-Fox Film Corporation / Photofest / ゲッティ イメージズ

 映画『スター・ウォーズ』シリーズの音楽を手掛けてきた巨匠ジョン・ウィリアムズが、実はルーク(マーク・ハミル)とレイア(キャリー・フィッシャー)のラブシーン用の曲を書いていたとアメリカン・フィルム・インスティチュートの特別功労賞授与式で語った。

【画像】レイアとくっついたのはこの人

 The Wrap によると、ウィリアムズは第1作目である『スター・ウォーズ』の時点でルークとレイアは恋人になることになっているのだろうと思ったため、二人のラブシーン用の曲を書いてしまったのだという。「壮大なクライマックスのある、とても熱いラブシーンの曲を書いた。ルークとレイアは恋人なんだと思ったんだよ。そして2年後(第2作『スター・ウォーズ/帝国の逆襲』の依頼を受けたとき)、彼らは兄妹であることを知ったんだ」と打ち明けていた。

 アメリカン・フィルム・インスティチュートの特別功労賞を作曲家が受賞するのは、ウィリアムズが初めてのこと。授与式にはウィリアムズをたたえるべく、『スター・ウォーズ』シリーズのジョージ・ルーカス監督、ハリソン・フォードJ・J・エイブラムス監督、『E.T.』などのスティーヴン・スピルバーグ監督ら彼とゆかりのある豪華な面々が出席した。(編集部・市川遥)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]