日本人初!藤山直美に最優秀女優賞!上海国際映画祭で栄冠

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
歴史に名を刻んだ藤山直美 - (C) 2016「団地」製作委員会

 公開中の映画『団地』に主演する藤山直美が、19日に閉幕した第19回上海国際映画祭で金爵賞最優秀女優賞を日本人で初めて受賞した。

映画『団地』予告編

藤山に代わり賞を受け取った阪本順治監督

 衝撃作『』以来、16年ぶりに阪本順治監督とタッグを組んだ同作で藤山は、引っ越し先の団地で騒動を巻き起こす主婦ヒナ子を熱演。現地で藤山に代わり賞を受け取った阪本監督は「僕が監督デビューしてから28年目、本作は映画人生の中で最も実験した作品です」と明かすと、「藤山さんがいたからトライできた作品で、藤山さんに感謝します。また、上海国際映画祭に感謝します」と藤山への絶大な信頼と喜びをあらわにした。

スピーチする阪本監督

 残念ながら授賞式に出席できなかった藤山は「この度は有難うございます」と礼を述べると、「久しぶりの映画で、阪本監督の演出に従った結果、賞を頂いたわけですから、この賞は監督の手腕によるところが大きいと思っています」と謙遜しながら「阪本監督が喜んでくださるなら、私もとても嬉しく思います。そして共演者の皆様の存在も大きかったです。共演者の皆様にも心から感謝申し上げます」と夫役の岸部一徳をはじめ大楠道代石橋蓮司斎藤工濱田マリ麿赤兒らキャストにも感謝した。(編集部・小松芙未)

[PR]

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]