ゾッ!カエル男が執行する“刑”の数々…小栗旬×大友監督『ミュージアム』新映像

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
明日、雨降りませんように! - (C) 巴亮介/講談社 (C) 2016映画「ミュージアム」製作委員会

 巴亮介の猟奇サスペンスホラー漫画を主演・小栗旬、監督・大友啓史で実写化する映画『ミュージアム』の特報映像が公開され、サイコキラー・カエル男が“刑”として実行していく殺人の数々が明らかになった。

【動画】映画『ミュージアム』特報映像

 「週刊ヤングマガジン」にて連載され、全3巻で完結した原作コミックは、雨の日にカエルのマスクを被った犯人が引き起こす猟奇殺人事件が題材。犬に食われる「ドッグフードの刑」や、出生体重と同じ重さになるまで体が切り落とされていく「母の痛みを知りましょうの刑」など、カエル男によるおぞましい殺しの描写を多分に含みながらも、それだけでないじわじわと迫りくる恐怖感と現代社会の闇を露見させるような展開が読者の心を掴んでいる。

[PR]

 実写化にあたり、カエル男の異常性や、彼が執行する“刑”がどこまでリアルに表現されるかが注目される本作。公開された映像内、カエル男は囚えた青年に“有罪”判決を下す。刑は、「母の痛みを知りましょうの刑」。さらに「ずっと美しくの刑」「針千本飲ますの刑」「均等の愛の刑」などに処された被害者たちが次々と映し出されていくさまはあまりにショッキングだ。

 そして特筆すべきは、映像冒頭から響くカエル男の耳心地の悪い声。一度聞けば耳から離れない不気味さで、いまだキャストが発表されていないカエル男を演じるのは誰なのか、期待がさらに高まる。また、映像の随所に確認できる、大友監督のこだわりが光る装飾や造形物は必見だ。

 雨の日に起きる連続猟奇殺人事件。犯行現場には、謎のメモと発見を前提としたかのような死体が残される。犯人のカエル男を追う沢村久志刑事(小栗)は、逆に自分自身が絶望的な状況に追い込まれていく。主演の小栗のほか、尾野真千子野村周平丸山智己伊武雅刀田畑智子市川実日子大森南朋らが出演する。(編集部・小山美咲)

映画『ミュージアム』は11月12日より全国公開

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]