俳優・曽根晴美さん死去 78歳 『仁義なき戦い』「キイハンター」など

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
曽根晴美さんご冥福をお祈りいたします

 映画『仁義なき戦い』シリーズやテレビドラマ「キイハンター」などに出演した俳優・映画プロデューサーの曽根晴美さんが、6月16日の午後1時2分、胆管細胞がんのため名古屋市内の病院で死去していたことが明らかになった。78歳だった。所属事務所がオフィシャルサイトで発表したもので、通夜と葬儀は「故人の強い思いに従い」家族のみの密葬をすませたとのこと。お別れの会などを執り行う予定はない。

 曽根さんは1937年9月5日生まれで大阪府出身。1957年に東映第4期ニューフェイスに選ばれ、深作欣二の監督デビュー作『風来坊探偵 赤い谷の惨劇』など、アクション映画やギャング映画で活躍。『仁義なき戦い』シリーズでは、山守組若衆の矢野修司をはじめ、重要な役割を複数演じた。テレビドラマでは「プレイガール」「変身忍者 嵐」などにも出演。近年では「リバース エッジ 大川端探偵社」にもゲスト出演している。

 プロデューサーとしても活動し、2003年に製作・出演した『極道恐怖大劇場 牛頭(ごず)』(三池崇史監督)は、第56回カンヌ国際映画祭の監督週間に正式出品された。同作には息子で俳優の曽根悠多も出演している。(編集部・入倉功一)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]