『13日の金曜日』リブート!監督は誰に?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
写真は『13日の金曜日 PART7/新しい恐怖』より - Paramount Pictures / Photofest / ゲッティ イメージズ

 人気シリーズ『13日の金曜日』のリブート作品で、ブレック・アイズナーが監督交渉に入ったとDeadlineが報じている。

マーカス・ニスペル版『13日の金曜日』フォトギャラリー

 本作は、映画『トランスフォーマー』シリーズでおなじみのマイケル・ベイ監督の制作会社プレットナム・デューンズが、パラマウント・ピクチャーズの下で製作する予定の作品。今回、監督交渉に入ったアイズナーは、ウォルト・ディズニー・カンパニーの元CEOマイケル・アイズナーの息子で、映画『サハラ-死の砂漠を脱出せよ-』『クレイジーズ』などを監督した。

[PR]

 その彼の父親マイケルがパラマウントで社長を務めていた時期に、プロデューサーのフランク・マンキューソ・Jrが『13日の金曜日』の映画化権を取得し、その後テレビシリーズも手掛けていたのだ。

 ちなみに一時期同作は、映画『V/H/S シンドローム』のデヴィッド・ブルックナーがメガホンを取り、『JUKAI-樹海-』のニック・アントスカが脚本を執筆していた。だが、この企画に携わっていたパラマウントの重役アダム・グッドマンが、その地位を離れたことで企画倒れになっていたようだ。

 今のところキャストは決まっていないが、来年の公開を予定している。(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]