池松壮亮、常盤貴子の髪を10センチバッサリ!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
常盤貴子と池松壮亮

 俳優の池松壮亮が映画『だれかの木琴』の劇中、実際に主演女優・常盤貴子の髪を大胆にカットした際の緊張の一瞬を振り返った。16日、都内で行われた完成披露プレミアには、勝村政信佐津川愛美東陽一監督も登壇した。

【写真】黒のシースルードレスの常盤貴子、池松壮亮と一緒に登場!

 直木賞作家・井上荒野の小説を基にした本作は、平凡に生きてきた主婦の小夜子(常盤)が、ふとした心の隙間に入って来た美容師の海斗(池松)に、どうしようもなく心を囚われ、やがて彼をストーカーのように追い求めるさまを、スリリングかつエレガントに描いた大人のサスペンス。

[PR]

 劇中、常盤のヘアーを10センチ以上もカットした池松は、最初は「すごい緊張すると思った」と話すが、実際は「周囲が緊張しまくっていて、『あいつ、間違えたらやばいぞ!』みたいになっていたので逆に緊張しなかったですね。面白かったです」と余裕のコメント。常盤は予定より短くカットされ、「まだ行く(切る)んだ……とすごくヒヤヒヤしました」と当時の心境を打ち明けつつ、「でも楽しんでいたとわかって(良かった)」とにっこり。それを受けて池松が「東(監督)さんがカットをかけないから……」と釈明すると、東監督は「NGが出たらパーだもんね。1年くらい待たなきゃいけないから」と池松の潔さを称え、話をまとめた。

 本作が初共演となる常盤と池松。常盤は、役柄を考えて「あまり話をしないで寡黙でいようと思っていた」そうで、「池松さんはそのことを理解してくださった」と感謝。常盤は他の現場で池松についてリサーチし、「そんなにベラベラしゃべる人ではないと聞いた」ことも明かし、心地よい現場であったことを伝えた。しかし、それを聞いていた佐津川は「あえてしゃべらないようにしていたんだ、と今初めてわかりました」と驚きと安堵の表情。海斗の恋人で、いわば小夜子のライバルである唯を演じる佐津川は、常盤の素振りに「平気なふりをしていたんですけど、すごく緊張していた」という。そんな佐津川に、常盤は「やっぱり感じ悪かったんだ……」と頭を下げると、佐津川は「わたしが勝手にビビっていただけです」と、本気で“ビビって”いたことを告白しながら、「今日いっぱい話しかけてくださってすごくうれしかったです」と満面の笑みで再会を喜んでいた。(取材/錦怜那)

映画『だれかの木琴』は9月10日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]