バーベキューきっかけで家庭崩壊の危機…ニコール・キッドマンら映画化

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
よろしくね - ニコール・キッドマン - Vincent Sandoval / WireImage / Getty Images

 ニコール・キッドマンリース・ウィザースプーンが、オーストラリアの作家リアン・モリアーティによるベストセラー小説「トゥルーリー・マッドリー・ギルティー(原題) / Truly Madly Guilty」の映画化を共同で手掛けることになったとDeadline.comが報じた。

【画像】顔ちっちゃ!ショートカットのニコール・キッドマン

 映画化権を共同で獲得したキッドマンの製作会社ブロッサム・フィルムズとウィザースプーンの製作会社パシフィック・スタンダードは、同じ作家の別のベストセラータイトル「ビッグ・リトル・ライズ(原題) / Big Little Lies」のHBOでのテレビシリーズ製作にも共同で取り組んでいる。

[PR]

出演するかはまだ不明とのこと - リース・ウィザースプーン - Steve Granitz / WireImage / Getty Images

 本作は、夫と2人の子供と幸せな暮らしを送っていた主人公の女性が、あるバーベキューの集まりを境に、家族の崩壊の危機、親友との不和に直面していくというストーリー。キッドマンとウィザースプーンが出演するかどうか、現段階では不明。これから監督探し、キャスティングが進められていくようだ。

 キッドマンは、コリン・ファースジュード・ロウと共演の映画『ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ』が10月より日本公開。また、5歳で家を出て迷子になったインド人少年の実話を描く、ルーニー・マーラと共演の映画『ライオン(原題) / Lion』が11月より全米公開予定。

 ウィザースプーンは、ポール・フェイグ監督作『ウィッシュ・リスト(原題) / Wish List』が製作準備中、声で出演したアニメ映画『シング(原題)』が今年12月に全米公開、2017年に日本公開予定。(鯨岡孝子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]