シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
SING/シング
(C) Universal Studios.
英題:
SING
製作年:
2016年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2017年3月17日
上映時間:
配給:
東宝東和
カラー

見どころ:全ての人の中にある輝ける部分を見いだすことをテーマに、動物たちが歌唱コンテストで奮闘する姿を数々のヒットソングに乗せて描くミュージカルアニメ。劇場に活気を取り戻すために開かれた歌唱コンテストで、個性的な動物たちが思い思いの歌を披露する様子を映す。声の担当は、マシュー・マコノヒー、リース・ウィザースプーンら俳優陣をはじめ、『テッド』シリーズでテッドの声も担当するセス・マクファーレン監督ら。なじみの深いヒット曲の数々に盛り上がる。

あらすじ:劇場を運営するコアラのバスター・ムーンは、以前は活気のあった劇場に輝きを取り戻すべく、世界最高の歌唱コンテストをプロデュースしようと考える。感傷的に歌うハツカネズミや、内気なゾウ、25匹も子供がいるブタ、パンクロッカーのヤマアラシらが会場に集結し……。

SING/シング
(C) Universal Studios.

映画短評

  • くれい響
    『ズートピア』な世界の『のど自慢』
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    イルミネーション・スタジオ作品ということで、『怪盗グルー』シリーズのハイテンションを期待すると、やや肩透かし。しかも、“『ズートピア』な世界での『コーラスライン』”かと思いきや、すぐにオーディション結果が発表。そんな結果がすべてじゃないという展開も含め、井筒監督の『のど自慢』と化す。さすがは『銀河ヒッチハイク・ガイド』<<<『リトル・ランボーズ』のガース・ジェニングス監督。じつに日本人好みのハートウォーミング人情ドラマな仕上がりだ(自身もトカゲ秘書の声をやりたい放題!)。社会的な暗喩は皆無に等しいが、きゃりぱみゅの楽曲を使い、日本のアイドル文化をツッコむなど、さりげなく毒も注入されている。

  • なかざわひでゆき
    豪華声優陣の見事な歌声は必聴!(字幕版)
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     擬人化された動物たちの住む世界というとディズニーの『ズートピア』みたいだが、こちらは至ってシンプルかつ明朗快活なミュージカル・アニメ。歌唱コンテストを巡る悲喜こもごもの人間模様ならぬ動物模様を軸に、主催者である劇場支配人や6名の参加者たちの、こんなはずじゃなかった今の人生を変えて夢を掴むという一発逆転ドラマが描かれていく。
     まさしくハリウッド伝統の古典的なバックステージ物。個性的なキャラクターの面白さは光るものの、既視感のあるストーリーはオリジナリティにも意外性にも乏しい。ただし、豪華声優陣の歌声は必聴。特にスカーレット・ヨハンソンの圧倒的な歌唱力には驚かされる。是非とも字幕版で。

  • 平沢 薫
    "歌うことの気持ちよさ"が伝染する
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     "歌うことの気持ちよさ"が徹底して描かれていく。登場人物たちがみな、歌うことに没頭して気持ちよくなっていく。その気持ちよさが、見ているほうにも伝染する。
     映画のすべてが、その気持ちよさの実現を目指しているので、設定は歌のオーディションというベタさ、選曲も誰もが知っているヒット曲。色彩もデザインもソフトめなのは、歌だけを際立たせるためだろう。歌と同じように、ストーリー展開も、逃走シーンの映像も、気持ちよいリズムで進んでいく。
     声を演じる俳優たちが実際に歌っているので、歌声も聴きどころ。中でもスカーレット・ヨハンソンと「キングスマン」のタロン・エガートンの歌唱力はビックリもの。

  • 相馬 学
    音楽、映像、キャラ……いずれもが魅力を放つ快作
    ★★★★
    »読む«閉じる

     懐かしいナンバーから最新ヒットの洋楽までキャラクターがタイトル通り“歌う”、いや歌いまくる! 確かに題名が”売り”を表しているが、それだけでが面白みではない。

     町中を視点が駆け巡りキャラ紹介がなされる、そんな冒頭のめくるめく映像に、まず引き込まれる。キャラも魅力的で、父に従わざるをえないゴリラ青年、完璧な家事に疲れたブタの主婦、極度に内気なゾウなど多彩だが、いずれかに観客ひとりひとりが気持ちを重ねられる点がいい。

     彼らがクライマックスで歌う曲には各々の心情が投影されているので、音楽の良さも手伝い見ているこちらもアツくなる。個人的には和製EDMを茶化したギャグ・キャラがツボ。

予告編・動画

映画『SING/シング』 吹替版特別予告編
映画『SING/シング』予告編
映画『シング(原題) / SING』特報
きゃりーぱみゅぱみゅのあの曲を使用!映画『SING/シング』本編映像

» 『SING/シング』の予告編・動画一覧

写真ギャラリー

  • 写真001
  • 写真002
  • 写真003
  • 写真004
  • 写真005
  • 写真006
  • 写真007
  • 写真008
  • 写真009

(C) Universal Studios.

ポスター/チラシ

  • 映画『SING/シング』ポスター
    ポスター
  • 映画『SING/シング』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『SING/シング』グンターさんのぷにゅぷにゅストラップ
    グンターさんのぷにゅぷにゅストラップ

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

監督・脚本:
オリジナルスコア作曲: ジョビィ・タルボット
プロダクションデザイナー/キャラクターデザイナー: エリック・ギヨン

キャスト

(声の出演)
バスター・ムーン:
ミーナ:
ナナ・ヌードルマン:
若いころのナナ:
ミス・クローリー:
グンター:
バスター・ムーン:
ロジータ:
マイク:
アッシュ:
エディ:
ジョニー:
ミーナ:
ナナ・ヌードルマン:
ミス・クローリー:
ビッグ・ダディ:
グンター:
ベティ:
ランス:
カエル三人組(ハウイー):
カエル三人組(リッキー):
カエル三人組(カイ):
ウサギ三人組: / /
ダニエル:
ワニ:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『SING/シング』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 映画「SING/シング」 安定クオリティだが予定調和 from 栄華通信  珍竹隣映画ブログ (2017年4月27日 7時57分)
    洋画CGアニメ「シング」観ました。 さすが、ピクサーです。安定したクオリティ。 でも、その安定クオリティが、逆に飽きてきた感じもあり、刺激が足りないです。 ストーリーは、ステージに憧れたバスター・ムーンは、親の遺産で劇場を造りますが、集客はさっぱり。オーディションを行い歌謡ショーを行うことを思いつくが…という感じ。 ストーリー展開や、活き活きといたキャラクターは悪くないものの、予定調和な感じがする。サプライズはない。 そろそろ、ストーリー展開で一ひねりすることが必要なのかと思えます。 洋画CGアニメ&#82 ...[外部サイトの続きを読む]
  • SING シング/SING from 我想一個人映画美的女人blog (2017年4月22日 1時43分)
    マコ様が主演のコアラのキャラを、スカちゃんもまたアニメの吹替と聞いてハズせなかった 歌好きには逃せない歌のエンターテイメントってことで鑑賞 「ミニオンズ」「ペット」を生み出した、ユニバーサル・スタジオ&times;イルミネーション・エンターテインメントのスタッフが贈る新作アニメ。 大切な劇場を立て直すために... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「SING シング」 from 元・副会長のCinema Days (2017年4月15日 6時38分)
    (原題:SING)イルミネーション・エンターテインメントによるアニメーションだが、困ったことにキャラクターデザインがあまり可愛くない。このあたりはディズニーに一日の長がある。しかも、可愛さが足りないだけではなく、愛嬌も無い。感情移入できる登場人物を最後ま... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『SING/シング』評価と感想/ドレミファドン+のど自慢 日曜昼12時は楽しかった from eigamanzaiの映画レビュー (2017年3月29日 15時21分)
    カラオケに駆け込みたくなりますね ☆4.5点 予告編はこんな感じです 映画データはこちらからどうぞ SING/シング映画『SING/シング』の作品情報:全ての人の中にある輝ける部分を見いだすことをテーマに、動物たちが歌唱コンテストで奮闘する姿を数々のヒットソングに乗せて描くミュージカルアニメ。劇場に活気を取り戻すために開かれた歌唱コンテストで、個性的な動物たちが思い思いの歌を披露する様子を映す。www.cinematoday.jp SING/シング |映画情報のぴあ映画生活『SING/シング』は20&#82 ...[外部サイトの続きを読む]
  • SING シング/歌おう、みんなで。 from 映画感想 * FRAGILE (2017年3月24日 23時13分)
    SING シングSing/監督:ガース・ジェニングス/2016年/アメリカ 歌で「わたし」が救われるなら。 TOHOシネマズ六本木ヒルズ スクリーン9 G-14で鑑賞。 あらすじ:劇場を立て直すために歌のオーディションをします。 キャスト(声の出演)マシュー・マコノヒーリース・ウィザースプーンスカーレット・ヨハンソンジョン・C・ライリー ※ネタバレしています。 特に注意書きはしていません。 おすすめ ポイント全体的にハッピーで楽しいのだけれど、後半はぽろぽろ泣いちゃいます。 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2017年3月13日の週の公開作品
  3. 『SING/シング』